ここから本文です

懐かしの“回転ドライバーズシート”は今? スズキ アルト40周年を振り返る! 40th記念特別限定車も登場

6/13(木) 11:11配信

GQ JAPAN

色々ついてプラス数千円のお買い得仕様

2019年6月13日、スズキは、軽4輪車「アルト」の40周年記事年特別仕様車「Lリミテッド」の販売を開始した。

「Lリミテッド」は、「L スズキ セーフティ サポート装着車」で、電動格納式リモンコンドアーミラー(ボディ同色タイプ)やUVカット機能付きガラス、ピアノブラック調ドアアームレストやメッキインサイドドアハンドルなどを装備する。

さらに、ボディカラーは、アルトワークスでは選べる「ブリスクブルーメタリック」を特別設定。これら充実した特別装備にもかかわらず、価格は数千円のアップに抑えられている(2WD:95万5000円、4WD:106万3800円)。なお、トランスミッションは駆動方式にかかわらずCVTのみである。

全国標準現金価格47万円の衝撃!

ちなみに、現行アルトは初代からかぞえ8代目で、2014年に登場した。初代が販売開始されたのは1979年5 月である。当時のプレス・リリースには「快適・機敏・安全に走るという車本来の機能を追求した新しいタイプの軽商用車」と、記されている。

今でこそ、軽4輪車とメーカーは記すが、当時のアルトは、あくまで商用車だった。なぜなら、軽乗用車に課せられていた高税率の物品税を回避すべく、リアシートを簡素化し、物品税が非課税になる商用車として開発されたからだ。

商用車といっても、主婦層などが普段の足として使うことも考慮し、ヒーターや強制ベンチレーション、リクライニング機構付き大型シートなどは採用された。

「軽乗用車の乗車人数はひとり、ないしはふたりがほとんど。ゆえに割り切ったモデルを、低価格で販売すれば売れるのでは?」というスズキの目論見通り、初代アルトは大ヒットした。

“全国標準現金価格47万円”という低価格も魅力だった。当時、地域によって車両本体価格が異なっていのを、スズキは統一したのだ。結果、新聞広告やテレビCMなどで「47万円」を強調したのである。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 16:27
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事