ここから本文です

肥満だとナイキを着ちゃいけないの?英で論争

6/13(木) 17:46配信

ニューズウィーク日本版

<ナイキの肥満体型マネキンに対し、「運動できる体型じゃない」「股関節の置換手術が必要になる」など非難ごうごう>

スポーツウェアブランドのナイキが初めて肥満体型のマネキンを取り入れたことで激論が沸き起こっている。ロンドンのオクスフォード・ストリートにあるナイキの旗艦店にこのマネキンが登場すると、ソーシャルメディア上には太っている人を差別するようなコメントが殺到した。だが一方では、そうした否定的な声を退け、ナイキの「ありのままの体型を受け入れる」姿勢を称賛する女性たちもいる。

【写真を見る】ナイキを着こなすプラスサイズの女性たち

ネット上で優勢なのは、ナイキの決定とは真逆の意見のようだ。ナイキの大胆で進歩的な決定を称賛する投稿も一部にはいるが、他の人々は肥満体型のマネキンについて、不健康なライフスタイルを促進している、と声高に批判する。

マネキンのような体型の人の体重ではそもそもランニングなどできないと指摘し、肥満体型のマネキン導入はナイキの評判を下げるとまで主張する人もいる。自らも太めのジャーナリスト、ターニャ・ゴールドは英テレグラフ紙への投稿記事の中で、問題のマネキンは「途方もなく巨大だし、脂肪でぶよぶよ。この女性はどう見ても肥満で、格好いいナイキのウェアを着てランニングする状態じゃない」と主張した。「走るなんて無理。それどころか糖尿病目前で、股関節の置換手術も必要になりそうだ」

<「偏見に満ちた愚かな意見」>

ゴールドのこの意見は反響を呼び、ソーシャルメディア上で同意する声があがったが、反対意見も多かった。ライター兼モデルのカリー・ソープやブロガーのミーガン・ジェイン・クラブ、女優のジャミーラ・ジャミルをはじめとする複数の女性たちがナイキへの支持を表明。これを受けてほかの女性たちも、マネキンの写真をネットでシェアし、支持を表明した。

ソープはゴールドの記事について、信じられないとコメント。「太った人々はばかにされ、ジムに行って体重を落とせと言われ、さらにはスポーツウェアを着る資格がないとまで言われるなんてはどうかしている」と、彼女はインスタグラムに書き込んだ。「これがどんなに馬鹿げているか分かる? 健康面の配慮などではなくて、完全な偏見だ」

ジャミルも同調し、ツイッターでゴールドとテレグラフ紙を非難した。自社のプラットフォームを「いじめの場」に使った判断について、テレグラフ紙は読者に謝罪すべきだと要求し、こう続けた。「肥満は良くないと言いながら、そうした人々がもっと健康になろうとすると、着るものにまで『こんなに』必死に反対するとは。バカ丸出し」

ナイキは本誌に対し、「全てのアスリートをサポートするのが当社の使命で、今後も多様な消費者の意見を反映するために製品ディスプレイの方法を進化させ続けていく」とコメントした。

またこうも述べた。「当社は日ごろからアスリートたちの声を聞いており、女性たちがスポーツウェアに多様でインクルーシブな製品を望んでいることを承知している」

(翻訳:森美歩)

ケリー・ウィン

最終更新:6/13(木) 20:57
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-7・23号
7/17発売

460円(税込)

【特集】日本人が知るべきMMT
アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事