ここから本文です

東芝、“4K有機ELレグザ Pro”「X930」。新パネルとエンジンで高画質化、全録機能も

6/13(木) 11:00配信

PHILE WEB

東芝は、2019年仕様の有機ELパネルや新映像処理エンジンを搭載して画質を高めながら、HDR10+/HDR10/Dolby Vision/HLGという4つのHDR規格に対応。さらにタイムシフトマシンによる全録機能も搭載した有機ELテレビ“4K有機ELレグザ Pro”「X930シリーズ」を7月中旬に発売する。65型と55型の2サイズ展開で、65型の「65X930」が55万円前後、55型の「55X930」が35万円前後での実売が予想される。

【画像】音質面もさらに強化。新型スピーカーシステムを内蔵

画音質強化、全録にも対応する4Kダブルチューナー有機ELテレビ

新4K衛星放送(BS 4K放送)チューナーを2基、地デジ/BS/110度CSチューナーを3基搭載。USB-HDDへの録画にも対応し、4K放送の裏番組録画も行える。いわゆる全録機能の「タイムシフトマシン」も備え、別売の対応USB-HDDを利用することで同機能を利用できる。

有機ELレグザPro専用にチューニングした、2019年仕様の有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」を搭載。深層学習などのAI超解像技術を活用することで、「4K放送や地上デジタル放送などをノイズの少ないきめ細かな高画質映像で再現する」とアピールしている。

HDR規格では、Ultra HD Blu-rayなどで採用されているHDR10、4K放送などで採用されているHLGに加え、新たにHDR10+ 規格とドルビービジョンにも対応。また、映像制作者向けに、様々な映像情報の表示やマニュアル設定ができる 「プロユース映像分析・設定機能」を搭載した。このことから、今回同社では本機を“レグザ Pro”と呼んでいる。

新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」では、深層学習などの人工知能を活用して高画質を追求した。そして本機専用にガンマ特性と輝度特性をチューニングし、コントラスト性能、および階調を大きく向上させたという2019年仕様の新世代有機ELパネルも搭載し、高画質化を図っている。

加えて、視聴環境の照度や照明色の違い、視聴しているコンテンツに合わせて画質を自動調整する新機能「リビングAIピクチャー」を搭載。色温度センサーによって、昼の太陽光なのか照明をつけているのか、その照明は昼白色なのか電球色なのかなどといった視聴環境の状況をリアルタイムに検出し、自動でホワイトバランスや輝度をコントロールする。また、映画やスポーツなど視聴しているコンテンツの種類もAI技術で判別する。

なお、同機能は従来の画質モードでの「おまかせ」に代わるもの。本機能の搭載を受けて、従来の「室内環境設定」メニューがなくなった。また、本機能は画質設定などにあまり詳しくない層を想定したもので、映画コンテンツの場合でも色温度を8000ケルビン程度にまでしか下げないとのこと。よりこだわった設定を行いたいユーザーは「映画プロ」などのメニューで細かくマニュアル設定をすることを想定しているという。

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 11:07
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事