ここから本文です

ロシアが目指す「エネルギー大国」の野望を、極寒のシベリアに見た:その本気度を物語る16枚の写真

6/13(木) 12:30配信

WIRED.jp

温暖化の影響で北極海周辺での資源開発が容易になり、北極海航路が開けたことで欧州からアジアまでの資源の輸送時間も大幅に短縮された。こうしたなか、ロシアが天然ガス開発によって「エネルギー大国」としての影響力を強化している。その掘削や輸送の最前線でフランス人フォトグラファーが撮影した16枚の写真は、そんなロシアの野望を物語っていた。

シベリアからフランスへと届くガス

北極での生活は、毎日が卓球三昧というわけではない。だが実際のところ、写真家のシャルル・ゼロウが乗船していたロシアの貨物船「RZK Constanta」の乗組員たちにとって、卓球の試合をするかテレビを見るか、船内のサウナでくつろぐ以外には、することがあまりなかったのも事実である。

この船は、シベリアのヤマル半島で建設されている新しい液化天然ガス(LNG)プラントに建設資材を運んでいた。しかし途中で、カラ海を通る北極海航路が凍り付いてしまったのだ。

砕氷船に曳航してもらうことになったが、それまで数週間ほどかかることが判明し、乗組員たちにはたっぷりの休養が与えられた。「乗組員たちにとっては有給休暇のようなものでした」と、ゼロウは振り返る。

この2年前の冬にゼロウが体験した出来事は、北極資源の開発を目指すロシアが直面する課題を示している。それが、詩を思わせるような作品集『There Is Gas Under the Tundra』(ツンドラの下にはガスがある)で、ゼロウが記録したテーマだ。

氷が溶けて掘削が容易に

ゼロウが撮影した幻想的な写真は、新しいプラントの建設、凍てつく環境、そして北極海航路での航海活動を鮮やかに写しとっている。貨物船を港まで曳航すべく、ある雪の日に現れた怪物のような砕氷船も、そうした記録のひとつだ(冒頭の写真)。「わたしたちは『やった、ついに動き出すんだ!』という感じでした」と、ゼロウは語る。

北極には、地球でまだ発見されていない石油や天然ガスの2割があると推測されている。そして1960年代初め以降、60を超える巨大な油田やガス田が見つかっている(そのうち43カ所がロシア国内だ)。

つい最近まで、これらの資源のほとんどは氷の下に閉じ込められ、利用されてこなかった。未開発地域での作業コストが高いためだ。その状況が変わったのは、氷が溶けたことで掘削が容易になり、北極海航路のような新しい航路が開け、欧州からアジアまでの移動時間が半分に短縮されたからである(これによって、ソマリア沖などにいる海賊も回避できる)。

もちろん、問題はまだ残っている。1年のうち8カ月は氷に覆われ、3カ月は暗闇に閉ざされる。気温がマイナス45℃を下回る過酷な気象や、脆い環境も忘れてはならない。しかし、経済の一部をエネルギーの輸出に依存しているロシアは、この新しいフロンティアの支配を強く望んでいるのだ。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ