ここから本文です

趣味にかける費用と家計を両立させるには?暮らしとお金の座談会

6/13(木) 21:10配信

ESSE-online

器を愛し、器を楽しむ暮らしを発信しているブロガー・ぶち猫さん。ESSE onlineでの連載が、『日々をたのしむ器と料理』(扶桑社刊)として書籍化されました。
そこで、同時期に『一生楽しく浪費するためのお金の話』(イーストプレス刊)を出版した劇団雌猫のひらりささん、かんさんと、“猫つながり”という縁で、「趣味とお金」というテーマで座談会を実施。

この模様を前後編でレポートします。後編の今回は、好きなことをしていくために、お金とどうつき合っていくかについて語り合いました。

【ぶち猫】
ブログ「ぶち猫おかわり」で、料理、お菓子づくり、ホームパーティ、旅行の記録などをつづって話題に。器のコレクションやコーディネートにも定評がある。ESSE onlineの連載をまとめた著書『日々をたのしむ器と料理』(扶桑社刊)が発売中

【劇団雌猫】
オタク趣味をもつ、平成生まれの4人のアラサー女子によるグループ。著書、メディア出演多数。新刊は、息長く趣味を続けていくためのノウハウをまとめた『一生楽しく浪費するためのお金の話』(ファイナンシャルプランナーの篠田尚子さんとの共著)

好きなことにお金をかけるために、余計なことは合理化する

●どんどん人が増えていき、ホームパーティが40人規模に

ひらりさ:ぶち猫さんはホームパーティがお好きなんですよね。書籍でも、ホームパーティの段取りについての箇所を興味深く拝見しました。

ぶち猫:最近では、場所を借りて、多いときで40人くらいお誘いして季節の催しをしています。夏の時期なら「流しそうめんの会」を企画したり。

ひらりさ:もはや総合イベントって感じですよね。なぜ40人規模にまでなったんですか?

ぶち猫:参加者が多い方が、会場費なども含めて会費を安くできるのがいちばんの理由です。物事をつきつめて考えがちなタイプなので、会費をリーズナブルにするために人数を増やして、ぎりぎり個人で開催できるところまで拡大した感じです。そういうことを試行錯誤するのが楽しいようです。

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 21:10
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ