ここから本文です

ドゥカティがストリートファイターV4のプロトタイプを発表!!!

6/13(木) 19:11配信

WEBヤングマシン

パイクスピーク・ヒルクライムレースに挑む!!

パニガーレV4に続くV4エンジン搭載車として噂されていたストリートファイターV4が、ヒルクライムレースに参戦するプロトタイプとして発表された。6月30日に開催される“ブロードムーア・パイクスピーク・インターナショナル・ヒル・クライム”でそのマシンを走らせるのは、昨年のレースで優勝しているカーリン・ダン選手だ。

【写真をまとめて見る】

スーパーバイクのカウルレス版、ストリートファイターにV4版が登場する!

ドゥカティが本日(6月13日)発表したリリースによれば、2019年6月30日にアメリカ・コロラド州で開催される世界で最も有名なヒル・クライム・レース、ブロードムーア・パイクスピーク・インターナショナル・ヒル・クライムにストリートファイターV4のプロトタイプで参戦するという。ライダーは、昨年のレースで優勝しているカーリン・ダン選手だ。

【DUCATI STREETFIGHTER V4】一般的なプロトタイプに施されるカモフラージュとは異なり、ドゥカティ・スタイル・センターによってデザインされた“ピクセル化”と呼ばれるカラーリングをまとう。

「雲へ向かうレース」として知られるパイクスピーク・インターナショナルは、ドゥカティのニューモデル開発プロセスの一環として、新型ストリートファイターV4の優れたパフォーマンスを証明するための理想的な条件が揃っていることから、このプロトタイプでの参戦を発表するにふさわしいレースと言える。

パニガーレV4から直接派生したストリートファイターV4は、このモデルの伝統に従ってスーパーバイクのパニガーレからフェアリングを取り除き、高くワイドなハンドルバーを装着。エンジンは1103ccのデスモセディチ・ストラダーレを搭載するが、『その高性能はそのまま維持される』としていることから、パニガーレV4の214psがそのまま発揮される可能性が大きい。となれば、ネイキッドスポーツバイクとしては破格の最高出力を誇ることになる。さらに、ストリートファイターV4専用の空力プロファイルを備えるというから楽しみだ。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 11:08
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事