ここから本文です

声優・東山奈央の公式Twitter、異例の 「無関係なリプライ」禁止を発表

6/13(木) 23:56配信

KAI-YOU.net

『神のみぞ知るセカイ』中川かのん役などで知られる声優の東山奈央さんの公式Twitterが新たな運営方針を発表。アカウントのブロックなどを検討する対象の行為として、公式Twitterの「ツイートに対して無関係な内容のリプライ」「リプにリプを繋げる等、タイムラインを見づらくする行為」の禁止を発表した。

【画像】アカウントブロックの対象となる6項目

東山さんのTwitterには2017年頃から、一部のユーザーによる大量かつ長文のリプライが寄せられ、彼女を応援するファンからは恐怖・困惑する声や何らかの対応を求める声が上がっていた。

5月17日には公式サイトで「東山奈央 オフィシャルTwitterの運営につきまして」と題したお知らせが更新。「投稿者に対しての注意喚起や警告、SNSのブロック等を検討」する行為として、4つのケースを挙げていた。

禁止項目に今回、新たに2つの項目が追加されたかたちだ。

5月にも告知された注意喚起

東山奈央さんの個人名義による公式Twitterは2016年、ソロアーティストとしての活動発表に合わせて開設されている。

2017年頃から、公式Twitterのツイートに対して、一部のTwitterアカウントから長文のリプライが連続して寄せられるようになり、2019年5月に公式Twitterはそういったツイートへの対応を発表。

本人およびスタッフの投稿やアカウントに対する大量のリプライや、応援するファンが不快だと思われる内容などのツイートをした場合、「投稿者に対しての注意喚起や警告、SNSのブロック等を検討させて頂きます」とアナウンス。

さらに該当のユーザーに対して、直接リプライで「このまま違反行為が続きますと、ブロック対象となることをご了承下さい」と注意喚起を行っている。

「ツイートに対するリプライは原則1つ」異例の制限

一部のユーザーはアカウントが凍結されることもあったが、複数のアカウントを使用することで長文のリプライが続けられていた。

現在、凍結されたアカウントとみられる人物からのリプライは「表示できません」と表示されており、すべてが該当アカウントのものではないものの、その数の多さをうかがい知ることができる。

そうした中で今回、新たに「ツイートに対して無関係な内容のリプライ」「リプにリプを繋げる等、タイムラインを見づらくする行為」がブロックなどを検討する対象の行為に追加。

「1つのツイートに対するリプは原則1つでお願いします」と、異例とも呼べるリプ数を制限するお願いまでも発表された。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 23:56
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事