ここから本文です

『パージ:エクスペリメント』監督が製作秘話語るインタビュー映像公開 「住人に自分を投影した」

6/13(木) 17:01配信

リアルサウンド

 『パージ』シリーズ最新作『パージ:エクスペリメント』より、監督を務めたジェラード・マクマリーのインタビュー映像が公開された。

【写真】『パージ』最新作場面写真

 2013年にブラムハウス・プロダクションによって製作された『パージ』は、1年に一晩(12時間)だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる法律“パージ法”が施行されたアメリカで、市民たちが犯罪者たちから逃げ惑うスリラー。以降、『パージ:アナーキー』、『パージ:大統領令』が公開され、いずれもアメリカをはじめ世界でヒットを記録し、最新作の公開にあわせて全10話のテレビシリーズ『ザ・パージ』も放送された。最新作となる本作では、島という閉鎖空間で突如行われる恐るべき実験の中で、パージ法制定の秘密が明かされる。

 公開されたインタビュー映像では、マクマリー監督が、本作の舞台設定について「(スタテン島の)パーク・ ヒルに思い入れがあったんだ。そこに住む人間の抱える問題や考え方、 何に怒りを覚え闘っているか、何を信じているのかに共感した。住人に自分を投影したんだ」とスタテン島の設定秘話を語っている。

 また、本作のようなホラーのジャンルに関して「ホラーは子供のころから大好きだ! ハラハラするし、あの緊張感が好きなんだ! 劇場で大勢の観客と一緒にブギーマンとか怖い話でドキドキするのが最高」と根っからのホラー好きであることを告白。さらに、インタビューではパージ法の謎や登場キャラクターたちについても言及している。

 『パージ』シリーズ過去3作ではジェームズ・デモナコが監督を務め、シリーズにおいて世界興行収入500億円を記録した。そんなデモナコが今回監督の座を譲ったのが、無名の新人であるマクマリーだった。マクマリー監督は、マイケル・B・ジョーダン主演の『フルートベール駅で』にてプロデューサーとして携わり、Netflixオリジナル作品『ヘルウィーク』で監督デビュー。本作が劇場長編デビュー作にして大ヒットシリーズ最新作となった。

 今回監督に抜擢した理由について、プロデューサーのジェイソン・ブラムは「ジェラードの『ヘルウィーク』を観て、めちゃくちゃ気に入ったんだ。それから、『パージ』シリーズに関わっている全スタッフに送った。みんなも気に入ってくれた。実際にジェラードと会って話したときに、4作目の『パージ』に対する彼の考えに誰もが感心したよ!」と明かし、デモナコも“リアルな世界を作り上げる才能がある” とマクマリー監督についてコメントしている。

 米ハリウッド・レポーターでは、マクマリー監督がジョーダン主演の映画『The Silver Bear(原題)』の監督を務めることを報じており、今後のさらなる活躍が注目されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/13(木) 17:01
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事