ここから本文です

横浜流星の “ゆりゆりブーム”、関係商品爆売れに発売元が答えた「意外なファン層」

6/13(木) 16:00配信

週刊女性PRIME

「6月5日に発売された雑誌『an・an』の表紙に横浜流星さんが掲載されました。ネット書店で予約が始まると、発売前にもかかわらず品切れになってしまったんですよ」(スポーツ紙記者)

 いま、若手俳優の横浜流星が大人気だ。人気に火がついたのは、今年1月に放送されたドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)に出演したことがきっかけ。

「主演の深田恭子さんに恋をする不良ながら根はまじめなピンク色の髪をした高校生・“ゆりゆり”こと由利匡平役を熱演しました。一途に年上の深田さんを思う姿に、魅了される女性も多かったようです。このドラマを機に、横浜さんのインスタグラムのフォロワーは約50万人増加しましたよ」(同・スポーツ紙記者)

 イケメン評論家の沖直実さんも、横浜がこの役に出会えたことが大きいと指摘する。

「年下で、少し不良っぽいけど好きな人には一途という、いい意味で昭和の古いタイプの王道の役だったことも大きいです。結局、昔から女性はちょっとワルい役が好きですからね。若い女性だけでなく老若男女問わず、アラフォー・アラフィフの女性もキュンキュンしたと思います」

「本気で殴ってください」

 仕事先でも彼の評価は高い。

 昨年12月に公開された映画『青の帰り道』の撮影現場では、こんな一面も。

「群馬県前橋市を舞台に男女7人の若者が、仕事や恋愛に葛藤する物語です。主演は真野恵里菜さんが務め、横浜さんもヤンチャな役で出演していました。彼が殴られるシーンもあったのですが、その際、ほかのキャストにはリハーサルのときから“遠慮せず、本気で殴ってください”と話していたそうです。それを見ていた監督の藤井道人さんは“今の若手俳優で、ここまで言える人はなかなかいないな”と絶賛していたとか」(映画配給会社関係者)

 大人気になったことで、“ゆりゆりブーム”が起きている。

「4月4日から横浜さんがコンバースの新モデルのシューズをはいたCMが放送されているのですが、彼がはいていた靴を求めるファンが急増しているんです。あまりの人気で品切れになる店舗もあるんだとか」(広告代理店関係者)

『コンバースフットウェア株式会社』マーケティング課の二宮真由美さんによると、

「放送前も売れ行きは好調でしたが、CM放映日にファンが店頭に殺到。全国的な規模でレディースサイズの在庫が売り切れになる店舗が続出しました。アイテムとしてはメンズをメインターゲットとしており、メンズサイズの動きも好調ですが、レディースサイズが圧倒的です。これまでコンバースをはいたことがなかったレディース層、それも若い世代から40代の女性まで幅広い年齢層に支持されたと思われます」

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/23号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事