ここから本文です

『あなたの番です』現場に流れるドラマと真逆の雰囲気、迎えるクライマックスとは

6/13(木) 7:00配信

週刊女性PRIME

 “交換殺人”をテーマにした異色ミステリー『あなたの番です』(日本テレビ系/日曜夜10時30分~)が前半の山場を迎える。毎週、起きる殺人事件に巻き込まれる原田知世と田中圭が演じる年の差夫婦の運命、半年にわたる放送で第2シーズンに向けた見どころをプロデューサーが激白!

【写真】“交換殺人ゲーム”に巻き込まれるマンションの住人たち

25年ぶり2クールキャスト約40人!

 秋元康が企画・原案を手がけるミステリー。日本テレビでは25年ぶりの2クール(半年間)放送。

「秋元先生とは『愛してたって、秘密はある。』('17年)でご一緒し、次の展開が気になる、待ち遠しい作品を作りたいと話していましたが、最初から2クール、と思っていたわけではないんです。(企画は)マンションの住人が全員共犯関係になるので、どうしても登場人物が増えてしまいます。そして事件だけでなく、伏線や種明かしも考えたら、半年はかかるということになったんです」

 と、鈴間広枝プロデューサー。

 同枠は『今日から俺は!!』『3年A組―今から皆さんは、人質です―』などエッジが効いていたり中毒性が高かったりする作品の放送も多い“チャレンジ枠”のため、制作が決まったという。

「初回放送前から“視聴率を取れなくてもブレずに進め!”と言われていたのですが(笑)。若い世代の方からの反響は大きいです。“犯人は誰?”“展開が気になる”と楽しみにしていただけていて、うれしいです」(鈴間P、以下同)

 原田知世と田中圭のW主演で、ふたりが演じる菜奈と翔太は、15歳差の新婚カップル。

 新居のマンションに越してきた早々、菜奈は住民会で“殺したい人”の名前を書くゲームに参加。そして、間もなく紙に書かれた人が死んでいく“交換殺人”が次々に起きていく─。

 異色なテーマに加え、キャストの多さも特徴。公式サイトに出てくる登場人物だけで37人もいて、新キャストも近日、登場する。

「キャスティングは去年の1月くらいから。群像劇なので主演より先に脇でこの方にはぜひ、という方々を考えたんです。早苗役の木村多江さんも、早い段階でオファーしました。

 一見おバカだけど、人間力があって無理なく人の懐に入り込める翔太は、キャラが立った人物です。翔太をリアルな人間として演じてもらうために演技力があり、持ち前のナチュラルさ、しなやかさのある田中さんなら魅力的な人物になると思ってお願いしました。

 年の差夫婦の設定は“30代夫婦”よりも過酷な出来事を乗り越える強い絆がほしかった。年齢を感じさせず、30代の男性に好きと言われても無理のない魅力的な方をと考え、ダメもとで原田さんに依頼しました」

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 7:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事