ここから本文です

木村文乃、仕事の目標はあまりない「ただ守りたい自分の“生活”がある」

6/13(木) 11:00配信

週刊女性PRIME

「やっと髪が結べるようになりました。ショートも好きだったけど、やっぱり伸ばす方向になりそうです(笑)」

【写真】ロングヘア時代、ショートヘア時代、どちらもキレイな木村文乃

 ついこの前までショートヘアだった髪を意識しながら、とびきりの笑顔をカメラに向けるのは、女優・木村文乃(31)。

 “30代が楽しみでしかたない──”

 20代のころ、しきりにそう言っていた彼女も気づけば31歳となり、

「(30代になって)TPOをわきまえるようになりました。どこに行くにもTシャツ、ジーパンではダメなんだなと(笑)。私、すっぴんでも平気で出かけてしまうんです」

 と、自然体で飾らない人柄が魅力的だ。

 そんな木村がヒロインを務める映画『ザ・ファブル』が公開される。岡田准一演じる伝説の殺し屋の相棒・ヨウコを演じ、髪を染めた派手な容姿で“チャラ男”を酔いつぶしていく姿はまるで別人!

「黒髪のままだと自分から離れることができないので、ここは潔く会社に“染めます”と。ヨウコはずっとテンションが高いので、エンジンを切らさないようにするのが大変でした。私とは全然違うタイプなのに、なぜか嫌いになれない。なんでだろう? と思ってたら、友達に話し方や振る舞いがヨウコにそっくりな子がいたんです」

岡田准一の意外な一面

 激しいアクションも見どころで、特に主演の岡田の高すぎる身体能力には現場スタッフも驚愕(きょうがく)。だが、“相棒”を演じた木村は彼の意外な一面を目撃していたそうで……。

「寡黙(かもく)な印象があったのですが、健康の話になるとすごく饒舌で、健康アイテムもたくさん教えていただきました。あと、すごいナッツがお好きなんだなと。“お腹すいた~”ってフラフラとどこかに行ったかと思うと、口元にナッツをつけて戻ってくる(笑)。思わず笑っちゃいました」

 一方、現在公開中の映画『居眠り磐音』では、時代劇に初挑戦。松坂桃李扮する主人公・磐音に思いを寄せる町娘を演じている。

 切なくて泣ける時代劇を、ぜひ女性に見てほしいと木村。

「私はこのお話はたくましく生きる女性の物語だと思っているんです。信じたものが決してブレることのない姿ってすごく理想。私くらいの年代って、結婚や出産など、女性としての生き方に迷うタイミングがたくさんあると思うんですけど、そのままでいいんだって思わせてくれる。そんなメッセージを受け取ってもらえたら」

 30代になったからこそ演じられる役柄も増え、出演作品のジャンルも広がってきた。

「お仕事をいただけるのは、本当にありがたいことです。近年は、年末にマネージャーさんに“来年はもうちょっとゆっくりさせてください”なんてお願いするのが恒例(笑)。こんな幸せなことはないです。いつまでもこれが続くといいな。これからも、どんどん攻めていきたいと思います」

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 11:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事