ここから本文です

夕飯の支度が劇的にラクになる!アレンジ自在な「ゆで鶏」の作り方

6/13(木) 17:33配信

webマガジン mi-mollet

 安い日にまとめて買った食材を、冷蔵庫に入れたままムダにしてしまったという経験はありませんか? せっかく安く購入できても、ムダにしてしまっては食材もお金も、もったいないですよね。
さらに先日「食品ロス削減推進法」が成立したというニュースもありました。今後は事業系の食品ロスだけでなく、賞味期限切れなどにより捨てられる「家庭から出る食品ロス」への意識も高まっていくのではないでしょうか。
そこでテレビや雑誌で活躍中の料理研究家・島本美由紀さんの著書『冷蔵庫で保存・作りおき事典』から、身近な食材の保存方法をご紹介します。
今回はいろいろ使えてアレンジがきく「鶏むね肉の半調理保存」の方法をピックアップしました。
まずはあなたの家の冷蔵庫から、ムダをなくすためにできることをはじめてみませんか?

「鶏むね肉」の半調理保存方法

 

 材料 

鶏むね肉……2枚
A
|水……1リットル
|酒……大さじ1
|塩……小さじ1/2
|しょうがの薄切り……2枚

 作り方 

1.鍋にAをすべて入れ火にかける。
2.沸騰したら鶏むね肉2枚を加えて2分ゆでる。
3.火を止めてふたをし、冷めるまでおく。ゆで汁ごと保存容器に入れる。

・保存場所:冷蔵室
・保存期間:1週間(購入日にゆでて冷蔵した場合)【こんな料理にアレンジができます!】ゆで鶏のサラダ、サンドイッチ、ゆで汁は卵スープなど

ゆで鶏の香味ソースがけ

 薄切りにして器に盛り、好みのソースをかける。

バンバンジー

 ほぐしたゆで鶏を野菜と一緒に盛りつけ、ごまだれをかける。


「半調理保存」なら、ちょっと食材を加えて味をつけるだけで、メイン料理と副菜、おつまみまですぐ作れます!


島本 美由紀(シマモト ミユキ)
料理研究家。ラク家事アドバイザー。
手軽に作れるおいしいレシピを考案。料理だけにとどまらず、家事全般のラク(楽しくカンタン)を追求する「ラク家事アドバイザー」としても活動。冷蔵庫と食品保存のスペシャリストとして、調理の時短テクニックや整理収納アドバイザーの資格も活かした片づけ方法などを紹介。実用的なアイデアが好評を得て、テレビや雑誌を中心に幅広く活躍中。 『冷蔵庫超片づけ術』(双葉社)、『おもわず自慢したくなる料理のラクワザ333』(河出書房新社)、『冷蔵庫を片づけると時間とお金が10倍になる!』(講談社+α文庫)、『ひと目でわかる食品保存事典 簡単! 長持ち! 節約!』(講談社)など、著書多数。

『ひと目でわかる! 冷蔵庫で保存・作りおき事典』島本 美由紀 著 1200円(税別) 講談社

家事の「ラク」を追究してきた著者が辿り着いた、究極の冷蔵庫活用法を徹底解説。気になる食品保存のテクニックから、「作りおき」のコツまで、冷蔵庫活用で家事の手間や無駄遣いを徹底排除する秘訣を伝授します。

構成/生活文化チーム 

最終更新:6/17(月) 16:27
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい