ここから本文です

『町田くんの世界』石井裕也監督と岩田剛典が語る「愛」の哲学

6/13(木) 18:05配信

Rolling Stone Japan

運動も勉強も苦手で、見た目も普通の高校生・町田くんが、その「博愛精神」によって周りの人たちの人生を変えていくという、安藤ゆき原作の少女漫画『町田くんの世界』が、『川の底からこんにちは』や『舟を編む』の石井裕也監督により映画化された。

写真7点:『町田くんの世界』石井裕也監督と岩田剛典が語る「愛」の哲学

主人公の町田一くんと、町田くんとは正反対の“人が嫌いな”同級生・猪原さんを演じるのは、これが映画初出演となる新人の細田佳央太と関水渚。そして、彼らの同級生を演じるのは岩田剛典や前田敦子、大賀、高畑充希ら実力俳優という、野心的かつ異色の青春ストーリーだ。

誰をも平等に愛するがゆえに、「特別な誰か」を傷つけてしまう町田くん。そして、彼とは対照的にスカしたイケメンだが、心に深い傷を抱える氷室雄(岩田剛典)。「愛」とは何か、「人を好きになる」とは一体どういうことなのか。誰もが一度は突き当たる、そんな難問について、改めて深く考えさせられる作品に仕上がっている。

今回、2度目の「タッグ」となる石井監督と岩田剛典に、制作の裏側や「衝撃のクライマックスシーン」についてなど、ざっくばらんに語り合ってもらった。

─石井監督は、このオファーを受けるまで漫画を読んだことがなかったそうですが、実際に読み込んでみてどんな印象を持ちましたか?

石井:カルチャーショックを受けました。異世界のものを見たというか。かといって拒絶しようと思わなかったのは、「人が人を好きになるとはどういうことか?」っていうことに、ものすごく素直に向き合っていて。35歳にもなって、そんなこと考えもしていなかったのですが(笑)、これは人間にとって極めて大切な問いかけだと、改めて気づかされた感じでしたね。驚きとともに、考えさせられました。

─岩田さんは、『町田くんの世界』の原作を読んで、どんな印象をお持ちになりましたか?

岩田:僕も石井監督と同じく、ほとんど読んだことのなかったジャンルの内容だったので、このファンタジックな要素が含まれる作品を実写化するとなった時に、どのくらい馴染んでいくのかな?というところに興味がありました。

石井:いろんなやり方があると思うんですけど、僕としては町田くんを「絵空事のキャラクター」にはしたくなかったので、彼をどう描くかがポイントになりましたね。方法論として、彼をファンタジックに描くことも出来たと思うんですけど、それだと自分がやりたい映画にはならないと思ったんです。

─とはいえ、登場人物たちはかなりカリカチュアライズされているというか。特に岩田さん扮する氷室や、前田敦子さん扮する栄は、かなりコメディ要素の強いキャラクターでした。そういった、ファンタジックな部分と写実的な部分のバランスにはこだわりがあったのでは?

石井:映画のストーリーとして、基本的にファンタジックな世界観から始まって、それをどんどん写実的な表現へと寄せていってるんです。例えば町田くんは、物語が進むにつれて「人間らしく」なっていく。それとともに、彼の見ている世界も現実感が増していく。そして、最後はそれが暴発する形で「凄まじい奇跡」へともう一度振り戻されるというか。

─凄まじかったです(笑)。

石井:そういう流れを作ることで、バランスを取ったという感じですね。

─今回、フィルム撮影にしたことは、今お話しいただいた表現方法にも関係していることですか?

石井:今の文脈での理由というのはあまりないのですが、今回は町田くん役の細田佳央太くん、ヒロイン猪原さん役の関水渚さんという、演技経験が全くない2人の新人がいて、彼らの身体的な躍動というものを瑞々しく収めたいという気持ちがあって。そのためにはフィルムがより適していると思ったんです。それと、僕は彼らに人生で初めてのフルパワーを求めたんです。もう二度と出来ない演技や動きを、フィルムで残してあげたいというような、そういう気持ちもありました。

─フィルムで撮ることによって、具体的にはどのような効果があるのでしょう。デジタルに比べて情報量が豊富だとか?

石井:それに加えて「ゆらぎ」があるということですね。デジタルだと完全に固定され、出来事や風景を容赦なくパキッと記録できるんですが、フィルムには「煽り」があって「ゆらぎ」が生じるんです。「容赦のあるルック」になるというか。僕がフィルムを好きな一番のポイントはそこにありますね。

岩田:僕も何本かフィルムで撮影してもらったことがあるのですが、やっぱり上がってきた作品を観ると「おお、やっぱりいいな」ってなりますよね。何が違うのかは、僕自身そんなに知識がないのでうまく言葉で伝えられないのですが。

─なかなか言語化できないよさがありますよね。「グッとくる」というか(笑)。

石井:そうなんです。

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 18:05
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ