ここから本文です

アンダーサーブに股抜き… “キリオス劇場”も敗戦に海外辛辣「いつものように負けた」

6/13(木) 7:13配信

THE ANSWER

アンダーサーブ、股抜きを披露もストレート負けのキリオスに厳しい声

 男子テニスのメルセデスカップは11日、シングルス1回戦で世界ランク36位のニック・キリオス(オーストラリア)が同30位のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に3-6、4-6のストレートで敗れ、初戦敗退を喫した。トリッキーなプレーで沸かせるキリオスだが、またしてもアンダーサーブを披露。ATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開しているが、ファンからは「いつものように負けた」などと嘲笑の声が上がっている。

【動画】意表を突くアンダーサーブに、股抜きショット…波紋を呼んでいる“キリオス劇場”の一部始終をテニスTVが公開

 悪童として知られるキリオスが、グラス(芝)コートの初戦でまたまた物議をかもしている。全仏オープンを棄権し、望んだシュトゥットガルトでの大会。第1セットの第4ゲームだ。にやにやと白い歯を見せながら、突如アンダーサーブを繰り出した。

 意表を突かれた格好となったベレッティーニは懸命に前進し、ロブでリターン。ここで再びキリオスは股抜きでリターンを披露。続くフォアを、相手は返すことができずポイントを手にした。

 まさに“キリオス劇場”ともいうべき一連のプレーを、テニスTVは公式ツイッターで「新たなサーフェス、変わらないキリオス」と皮肉るようなタイトルで動画で投稿。結局、ストレート負けを喫してしまったこともあり、ファンからも呆れるようなコメントが書き込まれている。

変わらないキリオス…「まさにその通り。いつものように負けた」

「変わらないキリオス… 彼は試合に負けたから、確かにそうだね」
「“新たなサーフェイス、変わらないキリオス”本当だね。たくさんのトリックショット…そして2-0でベレッティーニに敗戦(笑)」
「同じ結果。本当だね」
「まさにその通り。いつものように負けた」
「新たなサーフェイス、同じ敗戦」
「彼が正しい姿勢でテニスに取り組むことを祈ってる。自分のスキルをダメにしているよ」

「この男好きなんだよなぁ」というキリオスを支持する声もあったが、少数派だった。

 もちろんアンダーサーブも立派な戦術。しかしキリオスの場合はしばしば激高してしまう普段の振る舞いも相まって、どうも海外のテニスファンにはなかなか受け入れられないようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/13(木) 7:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事