ここから本文です

井上尚弥対策はイメージ済み!? ドネア名参謀は自信「対抗するフックを考えている」

6/13(木) 18:33配信

THE ANSWER

78歳の世界的名トレーナー、井上尚弥戦へ「私の選手はいつも準備ができている」

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝で、WBA・IBF王者井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する。「フィリピンの閃光」の異名を持つ世界的ビッグネームは、井上にとって過去最強の相手となる可能性もある。ドネアのメイントレーナーを務め、来日中のケニー・アダムス氏が13日に都内で取材に応じ、“フック”がカギとなることをにおわせた。

【画像】井上に意外すぎる才能!? 「普通にうまくてびびる」と話題…尚弥画伯が描いた“ドラえもんイラスト”の実物

 18戦全勝(16KO)で飛ぶ鳥を落とす勢いの井上に対し、ドネア陣営は不敵に笑っている。アダムス氏は前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)の練習をサポートするために来日中。都内の帝拳ジムで村田についての取材を終えると、ドネアのコンディションへの質問にも平然と答えた。

「私の選手はいつも準備ができているよ」

 過去28人の世界王者を指導してきた78歳の名伯楽。1984年ロサンゼルス五輪で米国代表コーチ、88年ソウル五輪では同代表監督を歴任した。同氏が指導するドネアのキラーブローと言えば、“閃光”の異名の由来となった左フック。数々の敵を葬ってきた最大の武器にプライドを持っているようだ。

「イノウエは左フックが強いから、それに対抗するフックを考えている」

 井上は5月のWBSS準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲスに対し、2回に強力な左フックでダウンを奪った。ペースを掌握すると、直後に2度立て続けに倒して勝負あり。世界に衝撃を与え、強さを印象付けた。

過去に28人の世界王者を育てたアダムス氏「ドネアで29人目になるだろう」

 今週からアダムス氏の見守る前で練習する村田は「厳しい方ですね」と語る。インターバルの合図を告げるブザーがなり、村田が力を緩めると「なんで止めるんだ!?」と指摘が入ったという。「ケニーは『集中しろ』『手を出し続けろ』とか声をかけてくれる。オールドスクールというか、細かいといえばそういうところは細かいかもしれない。ネガティブ発言をしない」と説明した。

 アダムス氏は、この日も鋭い目つきで帝拳ジムの選手たちを指導。若手選手のミットも持ち、78歳とは思えないほど精力的な動きを見せた。

「プロで28人の世界王者を育ててきた。ドネア(のIBF王座奪取)で29人目になるだろう。村田も入れれば30人だ。村田はずっと見ているわけじゃないし、少しだけ(の指導)だから入れていいかわからないがね」

 スピード、技術、パンチ力など全てを兼ね備え、負ける姿が想像できない井上。当然、ドネア陣営はフック以外の作戦も用意してくるだろう。モンスターとの大一番について多くは語らなかったが、百戦錬磨の名トレーナーには攻略の糸口が見えているようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/13(木) 18:33
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ