ここから本文です

乃木坂46桜井玲香、コメディ舞台に初挑戦「舞台は心を開放できる場所」

6/13(木) 10:00配信

ウォーカープラス

乃木坂46のキャプテンを務める桜井玲香が、コメディ舞台『THE BANK ROBBERY!~ダイヤモンド強奪大作戦~』(東京公演:8月2日~ / 大阪公演:8月16日~)にヒロイン・カプリス役で出演する。同作はロンドンで大ヒット中の演目で、今回が日本初上陸。「舞台は心を開放できる場所」と語る桜井さんに、初挑戦となるコメディ舞台に向けての意気込みや、原作の印象などを語ってもらった。

【画像を見る】乃木坂46の桜井玲香さんが、初挑戦となるコメディ舞台について語った

■ 「ボロボロになったり、思いっきり泣いたり、舞台ならではの表現が楽しい」

――今回で8作目の舞台出演となりますが、改めて舞台の魅力について聞かせてください。

【桜井玲香】普段はアイドルで、キラキラしていたり、かわいらしかったり、美しいものを表現することが多いんですけど。舞台は色々な人間模様が繰り広げられるので、ボロボロになったり、思いっきり泣いたり、アイドルでは見せないような姿も見せることができます。良くも悪くも心を開放できるような場なのかな… 楽しいです!

――舞台経験を重ねたことで、思い切った感情表現にもなれてこられたでしょうか?

【桜井玲香】出来ているんですかね…。ただ、お客さんの反応が呼び水になることは多くて、皆さんが泣いてくださる様子を見て気持ちが乗ってきたり、ということは多いです。

――ということは、演技中もしっかりと客席を見られているのでしょうか?

【桜井玲香】集中力が切れてしまうので、なるべく見ないようにはしているのですが、この方は以前にも来てくださっていた方だ、とかはわかります。ただ近過ぎると“居る!”と意識し過ぎてしまうので、できるだけ遠くの暗いところを見たりしています(笑)。

――舞台で演じていて、大変だと思われるところはありますか?

【桜井玲香】毎回、緊張するので、それは何回やってもなれないですね。今日は噛まないかな、セリフ飛ばないかなと。毎回がプレッシャーとの闘いなので、舞台役者さんは本当にすごいと思います。

■ 「普段の私はウソが下手過ぎて、人をダマすのは、まずムリなタイプです(笑)」

――今回演じる役について、改めて教えてください。

【桜井玲香】カプリスという、やり手の結婚詐欺師です。国を超えて、たくさんの人をだましていく女性で、いちどに3通くらいの電話に同時に対応したり、器用だなぁーと。ただ、かわいらしい面もある人なので、共感していただけるように頑張り――桜井さんとの共通点はありましたか?事前のコメントでは「私はウソがすぐにばれてしまう」とも書いてありましたが。

【桜井玲香】乃木坂46のメンバーからも、考えていることが顔に出やすいって、よく言われています。でも、そこで「そんなことないよ」といったウソが付けないので、素直に「うん、そうだよ」って(笑)。普段はそんな感じで、人をダマすのは、まずムリなタイプです。

――今回は、演じきらなければいけませんが、どんなポイントを意識されましたか。

【桜井玲香】コメディ作品で、セリフまわしにも言葉あそびがふんだんに盛り込まれているので、言葉にふりまわされることがないように、ちゃんと演じたいなと考えています。それができて、やっと誰かをダマせることになっていくと思うので。

――コメディならではのアップテンポでのセリフの掛け合いみたいなものもありそうですね。

【桜井玲香】まだ日本語訳の台本が最終的に完成していなくて、途中までしか見ていないのですが、原作では英単語の響きのあそびみたいなものが多かったので、それが日本語になった時にどういうニュアンスになってくるのか、楽しみです。

――言葉あそびは、演じるうえでも難しそうです。

【桜井玲香】はい。お客さんを笑わせるって、そもそもが大変なことだと思いますし、最初から最後まで、ずーっと言葉あそびが続いていく作品なので、どうやったら最後まで楽しんでいただけるのか、どうすれば早い段階から感情移入してもらえるのか…。共演者の皆さんにも頼りつつ、私もがんばらなきゃ!という挑戦です。

――共演者の方々との“一座としての雰囲気”みたいなものは、いかがですか。

【桜井玲香】実は、これまであまり同世代の方々との共演はなくて、今回は年齢的にも近い方が多いので、自分とは異なる環境で活躍されてきた皆さんから、色々と勉強できれば!と考えています。

■ 「数少ない女性の登場人物になるので、舞台を華やかに彩れればうれしい」

――今回、東京公演に続いて大阪公演が控えています。コメディ作品だけに大阪での反応も気になるでしょうか。

【桜井玲香】大阪、どんな反応がかえってくるか…緊張します!笑いのツボというか、反応するポイントというか、だから少し怖いです。今回は、上演させていただく順番が東京→大阪になるので、だんだん仕上がっていって… となるように頑張ります!

――最後に、全体的な作品の見どころなどを教えてください。

【桜井玲香】イギリスでは本当に大人気の舞台で、コメディではあるんですけ激しく動いたりするアクションシーンが予定されていたり、エンターテインメント要素が濃い作品になると思います。登場人物は、銀行強盗やら詐欺師やら、わけわかんないくらいたくさん登場しますが、ストーリー自体はすごく単純で、色々考えずに、ただ見てるだけでも楽しんでいただける舞台になると思います。

――桜井さんがどのように活躍されるのか、楽しみです。

【桜井玲香】あまり女の子が出てこないお話なので、せめて華やかに、舞台を彩れればうれしいです(笑)。

撮影=田中智久 取材・文=千葉由知(ribelo visualworks)(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

最終更新:6/13(木) 10:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事