ここから本文です

阿久津仁愛「俺スカ」共演者との裏話を告白!長尾謙杜とは『大好きなタピオカの話をします』<インタビュー後編>

6/13(木) 6:00配信

ザテレビジョン

ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)で、2年3組の生徒・光岡慎之介を演じる阿久津仁愛。

【写真を見る】女子の制服を着用して、ハートマークを作る姿がキュート!!

6月8日放送の第8話で、光岡は「本当は女の子の格好がしたい」という気持ちが芽生え、皆にその気持ちを打ち明けたことで話題となった。

阿久津へのロングインタビュー後編では、共演者の印象や自身の高校時代、また大好きだというタピオカについて、キラキラした目で楽しそうに語ってくれた。

■ タピオカが大好き

――撮影の合間などに共演者とお話されることはありますか?

撮影の合間だったり、楽屋だったりで、ずっとわいわいしていますね。俺は誰か特定の人っていうよりは、皆とまんべんなく話しています。

長尾(謙杜)くんとは、タピオカの話をしています! 二人ともタピオカが大好きなんで、「行くぞ!」って話をしています。なかなか時間が無くて実現はしていないんですけど、行きたいですね。

――タピオカがお好きなんですね。

一番おすすめなのは、「THE ALLEY」ってお店のロイヤルNo.9タピオカミルクティー!ここのお店のミルクティーはすごくフルーティーな香りがして、すごく好きです。

タピオカ単品だけでも駄目、ミルクティー単品だけでも駄目、タピオカとミルクティーが交わった時に“覚醒”するんですよ! 1+1が100になるんです! タピオカだけだとしっくりこないですが、ミルクティーと合わされば100%!…語り出すと止まらないのでここでやめておきます(笑)。

■ 圧倒的な存在感がある3人

――クラスメートの中でムードメーカー的な役割の人はいますか?

生徒の誰かというよりは、原田先生が先頭に立って盛り上げてくれている印象です。「そう来たか!」っていうアドリブで盛り上げてくれたりします。思い出し笑いをしちゃうくらい面白いです。

廉くん(永瀬廉)は、明智っていうポジションもあり、魅力的なオーラもあると思っています。そういう意味では彼がトップだなぁと思いますね。普段から輝いている。

俺のクランクインは皆と一緒じゃなくて、第3話からしれっとインしたので、俺はなじめるのかなっていうのが不安でした。出番が無いときにモニターで見ていたんですけど、その時に映る廉くんの表情が良くて、「すげー! カッケー! 俺も早く教室入りてえー!」って思っていました(笑)。いざ喋ったりすると気さくで、役とは真逆の面白さがあります。

みっちー(道枝駿佑)は、見た時は「年上かな?」と思ったんですけど、喋ってみたら「あー年下だー!」って一瞬でわかる。見た目はカッコいいけど、中身はかわいい。

長尾くんは不思議で面白い。結構好きなタイプです。俺のつぼを分かっている。笑わせてもくれるし、しらけさせてもくれる(笑)。バランスの良いタイプです。

この3人は本当に圧倒的な存在感があるなって思います。

■ 光岡みたいなポジションがいい

――高校を卒業されたばかりですが、“実際の学校生活”と“俺スカの学校生活”を比べてみてどうですか?

結構違いますよ! 学校って…結構権力の奪い合いみたいなところあるじゃないですか(笑)。リアルな学校生活はそこが面倒で…自分の居場所を守るために必死だったところもあります。でも、ドラマは自分の在り方が確定されているから、すごく楽で、居やすいなって思いました。

――リアルな高校生活ではクラスでどのような立ち位置でした?

入学したての時は若干猫を被っていて、そこからクラスの皆と徐々に距離を縮めていきました。

せっかくだったら目立ちたいなと思っていましたね。だからと言って「クラスの中心」ではなく、俺スカで言うなら光岡みたいなポジションがいいなって思っていました。いろんな人とまんべんなく仲良くて、目立つし、だけど目立ちすぎるわけでもない。ちょうどいいポジションですね。

――残す撮影もあと2話ということで、視聴者は“俺スカロス”になりそうですが、ご自身でもそのような感覚はありますか?

“俺スカロス”になるでしょうね。撮影でつらかったことはなくて、楽しかったことしかないので。終わった後もクラスメートと集まってご飯に行ったり話したりとかしたいなって思います。

■ 原田先生と生徒たちの言葉が印象的

――これからの見どころと、読者へ向けてのメッセージをお願いします

最初は「なんだこの面白い先生!」っていうところから始まり、話が進むにつれて原田先生がクラスと学校をまとめてきて、だんだんしんみりとした内容になってきます。

一番印象に残るのは先生の言葉。その言葉の重みはずっと忘れないなって自分自身は思います。台本をもらっている自分でもそう思うってことは、台本を見てない人からしたら、より一層そういう言葉の印象が強くなると思います。

ここから先の原田先生の言葉にも注目していただきたいですし、先生のおかげで変われた生徒たちの言葉っていうのも響くものがあると思います。

第1話から何度も見直して、次の話を楽しみに待っていただけたらいいなと思います!

(ザテレビジョン)

最終更新:6/14(金) 16:55
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ