ここから本文です

“新天地候補”マンU、ベイル獲得から撤退か レアルが持ちかけた「交渉を拒否」と報道

6/13(木) 16:20配信

Football ZONE web

レアル大型補強の一方、売却対象となるベイル マンU行きは消滅か

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは今夏の移籍が確実視され、マンチェスター・ユナイテッドが一つの新天地候補と噂されていた。しかしオレ・グンナー・スールシャール監督率いる“赤い悪魔”は、ベイル獲得から撤退したようだ。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

【動画】マンU加入“ベイル2世”は「ボルト級」!? 驚異的なスピードの独走弾

 レアルは現在、ジネディーヌ・ジダン監督の下で改革を推し進めている。ブラジル期待の若手、FWロドリゴ(←サントス)とDFエデル・ミリトン(←ポルト)の2人をはじめ、メインターゲットだったベルギー代表MFエデン・アザール(←チェルシー)やセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(←フランクフルト)、フランス代表DFフェルラン・メンディ(←リヨン)と5人の新戦力をすでに獲得。移籍金として3億ユーロ(約368億円)以上を費やしている。

 これだけの大金を投じているだけに、選手の放出も必要になるのは間違いない。そのなかで、売却対象と考えられている1人がベイルだ。

以前からユナイテッド移籍の噂が根強く残っているが、ここにきてその可能性は低くなっているという。記事では「ユナイテッドはマドリードとのベイルに関する交渉を拒否」との見出しで報じられており、レアルが持ちかけたベイルの移籍話にユナイテッド側が“NO”を突きつけたようだ。

“ベイル二世”を補強…移籍金や年俸が高額なベイルの獲得からは撤退

 ユナイテッドは先日、“ベイル二世”との評価もあるウェールズ代表FWダニエル・ジェームズ獲得を決めたばかり。移籍金や年俸が高額なベイルの獲得からは撤退した模様。アタッカーの補強では、ベイルよりもリールのFWニコラス・ペペやリヨンのFWムサ・デンベレ、ボーンマスのMFライアン・フレイザーなどに関心を持っていると伝えられている。

 ジダン監督の構想から外れているベイル。有力視されていたユナイテッド移籍の可能性も薄まった。29歳のウインガーは来季、一体どのクラブでプレーすることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/13(木) 16:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事