ここから本文です

レアルの“神童”、来季はブンデスリーガでプレーか。レバークーゼンが興味

6/13(木) 7:40配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーが保有権を持つノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーにレバークーゼンが興味を持っているようだ。12日付けの独紙『シュポルト・ビルト』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 レバークーゼンは今季中心選手として公式戦43試合で10得点17アシストを記録したドイツ代表MFユリアン・ブラントをボルシア・ドルトムントに放出した。その後釜として同じポジションでプレー出来るウーデゴーに注目していると同紙は伝えている。

 ウーデゴーは母国ノルウェーのストレムスゴドセットで15歳でのプロデビューを飾り、ノルウェー代表にも史上最年少の15歳253日でデビューするなど、“神童”として大きな注目を集めた。多くのビッグクラブによる争奪戦の末、2015年1月にはマドリーへの移籍が決定した。

 しかしマドリーではレギュラーを獲得出来ず2016年からレンタル移籍を繰り返し今季はオランダ1部のフィテッセでプレー、今季39試合に出場して11ゴール12アシストを記録した。しかしマドリーのジネディーヌ・ジダン監督の来季の構想には入っていないようだ。

 なお、レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツ・ディレクター)は「我々は来季チャンピオンズリーグ(CL)に出場する。また来季以降もCLに出場するには補強する必要がある」と新戦力の獲得を示唆している。

果たして20歳になったウーデゴーは来季ドイツの地でプレーする可能性はあるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/13(木) 7:40
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事