ここから本文です

“イブラ2世”、ソシエダに移籍決定。ドルトムントは買戻しオプションを保有か

6/13(木) 8:20配信

フットボールチャンネル

 スペイン1部レアル・ソシエダは現地時間12日、ボルシア・ドルトムントからスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクを獲得したと発表した。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 なお契約期間などの詳細については公開されていないが、独誌『キッカー』ではイサクは2024年6月30日までの契約を結び、ソシエダはドルトムントに対し800万ユーロ(約10億円)の移籍金を支払う事になると報じている。

 “イブラヒモビッチ2世”とも呼ばれるイサクは17歳で代表デビューを飾り、スウェーデン史上最年少ゴールを記録するなど将来を嘱望されてきた選手だ。

 19歳となった今季のイサクはドルトムントで出番をもらえず冬の移籍市場でオランダ1部ウィレムIIにレンタル移籍をする。ここでコンスタントに出場機会を得ると16試合に出場し13得点7アシストと目覚ましい活躍を見せた。

 なおドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は12日に行われた会見で「我々はアレックス・イサクのスペインでの大きな成功を願うと同時に彼のパフォーマンスを注視していく」と語っており、契約には買戻しオプションが付いている事を示唆した。

 今季オランダの地でブレークしたイサクが新天地スペインでどんな活躍を見せてくれるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/13(木) 8:20
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事