ここから本文です

長友も指導した元インテル監督がアジアへ。イランの強豪クラブと2年契約

6/13(木) 21:45配信

フットボールチャンネル

 インテルなどの元監督であるアンドレア・ストラマッチョーニ氏が、イラン1部のエステグラルFCの監督に就任することが決定した。13日にクラブが発表を行っている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 現在43歳のストラマッチョーニ氏はローマやインテルの下部組織監督を経て、2012年3月に解任されたクラウディオ・ラニエリ氏の後任として36歳の若さでインテル監督に就任。不振に陥っていたチームを立て直し、所属していたDF長友佑都も指導を受けた。

 だが翌年のセリエAを9位で終えたあと解任。その後はイタリアのウディネーゼ、ギリシャのパナシナイコス、チェコのスパルタ・プラハで監督を務めてきた。

 発表によればエステグラルFCとの契約は2年間。イタリアメディアは年俸160万ユーロ(約1億9600万円)と伝えている。

 エステグラルFCはイランで8回のリーグ優勝を誇る強豪クラブ。ドイツのヴィンフリート・シェーファー氏が監督を務めていた2018/19シーズンは国内リーグ3位で終えた。今季のAFCチャンピオンズリーグにも出場していたが、グループステージ3位で敗退に終わっている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/13(木) 21:45
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事