ここから本文です

松山英樹、きっかけをつかむ。 全米OPで「王者のゴルフ」に変身か

6/13(木) 6:17配信

webスポルティーバ

今年の全米オープン(6月13日~16日/カリフォルニア州、ペブルビーチ・ゴルフリンクス)は、激戦必至。ハイレベルな大混戦になると思う。

【写真】完全復活を果たしたタイガー・ウッズ

 誰が主役になっても不思議ではない。マスターズで優勝を飾って完全復活を遂げたタイガー・ウッズ(アメリカ)は、この大会でメジャー通算16勝目、サム・スニードの記録に並ぶ米ツアー通算82勝目がかかっている。そして、そのウッズのライバルとなるフィル・ミケルソン(アメリカ)も、これに勝てば、キャリアグランドスラムを達成となる。それぞれチャンスはあり、快挙達成への期待は日増しに高まっている。

 また、前週のRBCカナディアンオープンで、最終日に1イーグル、9バーディー、2ボギーの「61」をマークして圧勝したロリー・マキロイ(北アイルランド)も有力候補。世界ランキング3位へと浮上し、圧倒的な強さを見せた2011年大会に続く2度目の全米オープン制覇を狙う。

 そんななか、大本命はブルックス・ケプカ(アメリカ)だ。5月の全米プロ選手権で見事に連覇を達成。さらに今大会では、3連覇に挑む。もしそれが成し遂げられれば、114年ぶりの快挙となる。

 これらの選手たちを軸にして、今年のゲームは展開されていくだろうが、全米オープンは誰もが勝ちたい大会。ここに向けて、技術面も、メンタル面もピークに仕上げてやってくる。

 日本期待の松山英樹も、そのひとりだ。

 松山は2週間前のメモリアルトーナメントで、3日目に「64」をマークして優勝争いに加わった。最終日はパープレーに終わって、残念ながら6位にとどまったが、浮上のきっかけは間違いなくつかんだはずだ。

 同大会の最終日でも、流れは悪くなかった。けれども、終盤の競り合いのなかで、精神的に前のめりがあったと思う。松山自身、試合後のインタビューでこう語っていた。

「(久しぶりの優勝争いで)気持ちがかなりたかぶっていた。今はだいぶ悔しいけれど、『あともう少しだな』という感じです。紙一重でよくない方向にいってしまったけれど、これ(優勝争いのなかでのプレー)を続けていくことが大事だと思う」

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 6:17
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ