ここから本文です

「YATSUI FESTIVAL!」直前対談! やついいちろう×眉村ちあき(弾き語りトラックメイカーアイドル)「とにかくお客さんの膝を砕け散らせたいです!」

6/13(木) 11:30配信

週プレNEWS

今年で8回目となる「YATSUI FESTIVAL!」。主催のエレキコミックやついいちろうが聞き手となり、出演者の中でも特に注目する"天才シンガー・ソングライター"を直撃!

【写真】注目度急上昇の眉村ちあき

『ゴッドタン』(テレビ東京系)で披露した即興ソングが話題となり、その自由奔放なキャラクターとハイレベルな歌唱力で一躍、各方面からの注目度が急上昇している眉村(まゆむら)ちあき。

彼女の奇想天外な発想の源には何があるのか? やついが心理カウンセラーさながらに分析する!

■海外も意識してる
やつい すごい勢いですね。

眉村 いや、もっと勢いつけたいです。ソロとしてしっかり活動するようになってからもう2年くらいたつんで。

やつい まだ2年じゃなく?

眉村 はい。もう2年。

やつい 上昇志向が半端ないですね。トイズファクトリーですもんね、今や。

眉村 本当に「やったー」って感じですよ! Mr.Children(以下、ミスチル)さんのライブも見に行かせてもらいましたけど、演出が圧倒的すぎて私は頭を抱えていました(笑)。

やつい 日本で一番お金を使えるミュージシャンですから。

眉村 私、計算したんですよ。キャパを考えたら、チケット代だけで数億円は儲かりますよね。私は2000人のお客さんを集めるのに苦労してるけど、ミスチルさんはこれを一日で売り切るんだって思ったら、「もう絶対ここまでこよう」って。

やつい 目標はミスチルだと。

眉村 はい。早くなりたい。2000人規模の会場がなんだか狭く感じちゃって。たまに襲われるんですよね、「急がなきゃ、急がなきゃ」って気持ちに。

やつい 2000人埋められるってだけで相当成功してると思いますけどね。

眉村 そうなんですかね。なんかあんまりわからないです。

やつい 最近はどんな曲を作っているんですか?

眉村 音数を少なくしてトラックを作るのにハマってます。音数が少ないと歌がほんとに肝になるので、それがおもしろくて。海外ウケもよさそうだし。

やつい 海外も意識してる?

眉村 もちろんドームツアーやアリーナツアーができるようにJ-POPの王道曲も作りたいし、私らしいぶっ飛んだ自由な曲も作り続けたいです。でも、これまでは自由と王道の2面でやっていこうって思ってたけど、これからはもう1面作りたいなって。それが海外向けの曲です。 

やつい 例えば、どんな曲?

眉村 最近、海外向けに作ったのは『おばあちゃんがサイドスロー』って曲です。

やつい めちゃめちゃ日本向けな気がしますけど。

眉村 すっごく音数を減らして、ベースとドラムだけのおもしろいサウンドなんですよ。なんとなく海外向けな感じです。



■ミュージシャンって気持ちはあまりない
やつい 眉村さんのその上昇志向ってなんなんですかね。

眉村 「早く駆け上がりたい」「めっちゃ売れてえ」って思う。

やつい なんでそんなに焦ってるんですか?

眉村 わかんないです。なんか「早く見たい、その景色を」っていう気持ちが強くて。

やつい 今はほら、いろんなことが実現しそうだから。目の前に食べられそうなお菓子があったら食べたくなりますもんね。

眉村 わかる!

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 12:48
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.31
7月22日(月)発売

特別価格500円(税込)

参院選後、賃金マイナス×消費増税の地獄/
プロ野球「戦うアラフォー」特集/新型N-
WGN開発者ナマ直撃!【グラビア】小倉優
香/井桁弘恵/池田エライザ/沢口愛華 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事