ここから本文です

今田美桜が映画『メン・イン・ブラック インターナショナル』で声優初挑戦!「声の仕事に興味を持ったきっかけは週プレさんです」

6/13(木) 17:30配信

週プレNEWS

昨年発売した『今田美桜ファースト写真集 生命力』(集英社)も絶好調。ドラマ、映画、CMなど、ますます活躍の場を広げる女優・今田美桜(いまだ・みお)さんが、今回新たに挑戦したのは、映画の日本語吹替声優!

【画像】活躍の場を広げる女優・今田美桜さん

しかも、あの人気SFコメディ『メン・イン・ブラック』シリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(6月14日より公開)に大抜擢。まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女にお話を聞いてきました。

――『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のヒロイン、エージェントMの役で日本語吹替声優に初挑戦された今田さん。大役ですが、オファーが来た時はどんな気持ちでしたか?

今田 とてもうれしかったんですけど、緊張やプレッシャーの方が大きかったですね。まさかこんな重要な役を頂けるとは思ってなくて。

――声優としてのお仕事は初めてですよね。慣れないことも多かったんじゃないですか?

今田 普段のドラマや映画でするお芝居とは違って、口の動きやスピード感を映像と合わせなきゃいけないので、そこは苦労しました。

――吹き替えならではの難しさですね。

今田 あとちょっと驚いたのは、事前に観させて頂いた映像に日本語の字幕が入っていなかったことですね。台本と映像を観ながら、多分このセリフはこのシーンだろうなって予想しながら練習しました。

――難易度高めですね(笑)。

今田 はい、でもベテランの声優さんたちに引っ張って頂いたおかげで楽しくやれました。スタッフの皆さん慣れない私にもすごく優しくしてくださって。

――以前から声のお仕事には興味があったんですか?

今田 そうですね。声優さんやナレーションなどのお仕事は前からやってみたかったんです。しかもそのきっかけになったのが、週プレさんのお仕事で。

――え、そうだったんですか!

今田 はい。昨年10月、週プレさんの付録DVDで私の映像を撮影していただいた際に、動画にナレーションを入れるっていう企画に挑戦させてもらったんです。その時、声で気持ちや感情を表現することって、こんなに面白いんだって。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 17:30
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.31
7月22日(月)発売

特別価格500円(税込)

参院選後、賃金マイナス×消費増税の地獄/
プロ野球「戦うアラフォー」特集/新型N-
WGN開発者ナマ直撃!【グラビア】小倉優
香/井桁弘恵/池田エライザ/沢口愛華 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事