ここから本文です

年下の不倫相手とできちゃった再婚した男性、辛すぎる代償とは…

6/13(木) 15:52配信

週刊SPA!

 サラリーマンを辞めてから、不倫に目覚めた向井保さん(38歳・仮名)は、不倫が人生を大きく変えたとうなだれる。

脱サラし、収入が1.5倍に!

「サラリーマンを辞めて、不動産業を営む友人の会社を手伝ったんですよ。小さな会社だったので、役員になりました。友人が利益をもたらす顧客を複数もっていたおかげで会社はすぐに潤い、僕は1年目で年収がサラリーマン時代より1.5倍に増えました」

 年収がアップしたことを同い年の妻も喜んでくれたが、妻は5年前からの不妊治療で、疲れが目立つようになった。

「知り合った頃から大好きな妻ですが、長く不妊治療をしていると子供を作ることが目的の夫婦生活になってしまって、その3年くらい前から燃えなくなってしまったんです」

 会社の業績がうなぎ上りになっていたある日、向井さんはクライアントの接待の二次会でガールズバーに入った。そこで15歳年下の絵美と知り合う。

「結婚以来、妻以外の女に興味がなかったんですけどね」

 だが向井さんは長身でスレンダーな絵美に、若い頃夢中になったグラビアアイドルを重ね合わせていた。

「クライアントがそのガールズバーを気に入ったので、よく一緒に遊びに行ったんです」

 そして店を訪ねて3度目に、絵美とLINEの交換をした。

「LINEの交換だけだからと、妻に対する罪悪感がなかった一方で、妻以外の女性とLINE交換しちゃったというサプライズが何だか楽しかったですね」

 ちょうどその頃、妻は不妊治療がなかなかうまくいかないと落ち込んでいた。向井さんは妻を慰めながら、妻とは最近楽しいことがないなとも感じた。

「絵美と出会ってから3か月目ぐらいに、一緒に食事をしました。僕が夢中になったグラビアアイドルに似ていると話すと『よく言われる』って。絵美はネイルアーティストを目指していて、コンテストでもかなり優秀な成績を取っていることもわかって。意外でした」

 妻と体も心のつながりも疎遠になっていくと同時に、向井さんはどんどん絵美にのめり込んでいった。そして遂にホテルへ。

「初めて絵美と関係を持ったとき、記念に写真を撮りました。それがあの争いの始まりの元凶なのですが…」

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 15:52
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

週刊SPA!7/9号

¥420

・プロが使ったもの一覧
・稼げる[ゆる副業](秘)リスト
・[おじさん差別]の実態
・カスハラ現場の悲鳴

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ