ここから本文です

驚異的な魅力!30代グラドルを採用したらお店がV字回復した<現役グラドル経営者・手束真知子>

6/13(木) 15:51配信

週刊SPA!

 ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

若くてピチピチの可愛いグラドルを募集した結果、30代のグラドルに辿り着いた

 グラビアアイドルというとやっぱり、若くてフレッシュでピチピチ可愛いセクシーな女のコというイメージですよね。私が経営するグラビアアイドルのコンセプトカフェ「発掘!グラドル文化祭」では毎日文化祭をやっているよ!というテーマもあり、若いグラドルを中心に募集をかけたりスカウトをしたりしていたのです。

「お客さんもきっと若い女のコのほうが嬉しいはず!」

 そう思っていたのですが、なかなか理想の女のコに出会うことができず、スカウトしても返信はない。でも人手不足を何としてでも食い止めたい……!と、瀬戸際に立たされていたところに、30代のグラドルが「働いてみたい」と応募してきてくれたのです。しかも2人も!

 本当は20代のピチピチな女のコがよかったけど(失礼!)。平均年齢もグンと上がってしまうけど(もっと失礼!)。藁をもすがる思いとはこのこと。2人とも即採用です!

30代グラドルを採用したら売り上げUPしたワケとは?

 勢いで即採用しちゃったけど、30代までグラビアをやっているということはそれだけ自分のこだわりも強くなっていると思うので、お店に馴染めるのかな?という不安が大きかったです。さらにグラドルとして決して若い年齢ではないし、ピチピチしていない、30歳超えるともう見た目だけでは誤魔化せないんですよ。

 どうなるかな?と思っていたデビューから数日が経ち。30代グラドル採用後のお店は、不安を一蹴するように客足が伸び、雰囲気も今まで以上に明るくなり活気が出て、なんと売り上げまで上がるようになったんです!

 数でいうと2倍のお客さんが来てくれるようになりました。そこには採用してみてわかった30代グラドルの3つの大きな強みがありました。

①30代だから若いコより経験が豊富なので対応がうまい

 グラドルだけで食べていくことは難しいですし、長く続けることはもっと難しい。そのため、30代グラドルはアルバイト経験やアイドル以外で働いた経験が豊富なんです。

 だからこそ、状況の飲み込みが早く、上手に対応してくれます。「人に教える」ということって本当に難しいですし、グラドルで売れたいコに接客や人とのコミュニケーションについて教えるとどうしても嫌がられてしまうんですよね。接客が嫌だと辞めてしまったコもいるくらいなので、教育について一番難しいところを30代グラドルは事前にクリアしてくれています。

②30代だから若い女のコより覚悟と根性がある

 30代で結婚もせずに(売れていない)グラドルを続けるって簡単にできることじゃないと思うんです。「なんとしてもグラドルで生きてやる!」という強い覚悟と根性があります。

 若い女のコはいろんなことに興味を持ちますし、撮影会で生計立てられるような女のコはなおさら頑張る方向を見失いやすく、その度に今やっていることを切り離して次に進みがち。でも30代になると、全部つなげて生きたほうがラクだしお得!とわかっていますので、いいところは全部吸収してくれるし、ちょっとやそっとではブレない強いメンタルができあがっています。

③30代だから若い女のコより芸歴が長く、支えてくれるファンの方もいる

 芸歴が長く、色々なお仕事をして経験を積んできたのは、そこにちゃんとそれを支えてくれるファンの方もいたからなんです。ファンの数が多いとか少ないとかファン歴の長短も関係なく、活動を続けさせてくれる応援してくれるファンの方がいる。30代まで活動をしているからこそ、新しいことを始めるときにしっかりと付いてきてくれるファンがいるんですよね。

 だから、ファンの方がお店に来てくれて、さらにお店の常連さんもそのコのファンになるという相乗効果が生まれました!

1/3ページ

最終更新:6/13(木) 15:51
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

週刊SPA!7/9号

¥420

・プロが使ったもの一覧
・稼げる[ゆる副業](秘)リスト
・[おじさん差別]の実態
・カスハラ現場の悲鳴

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事