ここから本文です

育休明けでの在宅勤務を希望。新米ワーママが、人事部に「ノー」と言わせない交渉術

6/13(木) 5:20配信

東京カレンダー

自分の可能性を知りたい。

そう考えた時に思い浮かぶことの一つが「転職」ではないだろうか。

もっと自分に合う会社があるのではないか。もっと年収を上げられるのではないか。もっとやりがいのある仕事があるのでは…。

そんな悩みを受けて、一人の男が立ちあがった。

男の名は、丸山アレクサンダー。丸山氏が、利害関係なしで読者のリアルなキャリア相談に乗れば悩みは解決されるのか?

今回は、育休明けでの転職を考えている女性の相談に、丸山氏が切り込む。

【今回の相談者】

◆プロフィール
高田咲さん(仮名)28歳、女性、既婚

2016年3月 地方国立大学大学院卒業
2016年4月 大手医薬品関係の会社に就職
2018年 夏 産前・産後休暇、育児休暇
2019年 春 復職

産休・育休前の年収:500万円
転職経験:無し

◆主な保有資格
・普通自動車第一種免許
・TOEIC 650点

◆相談内容
現在は育児休暇中で、もうすぐ復職を控えているが、自宅から勤務先まで通勤だけで1時間かかるため、通勤時間が短縮できて、在宅勤務などのフレキシブルな働き方ができる会社への転職を希望。転職サイトには登録済み。

育休明けでの転職活動

​丸山 よろしくお願いします。高田さんは来週、育休から復職されるとのことですが、ポストはまだ残ってるんですね?

​​高田 はい、残ってます。仕事としては、やりがいもあるので今の会社でも問題ないのですが、子育てがあるため、リモート(在宅勤務)ができる会社に転職したいと思ってます。通勤だけでも片道1時間かかるのですが、そこに保育園への送り迎えまで入るためプラス30分はかかるので、自宅から近くて在宅勤務などフレキシブルな働き方ができる会社が希望です。夫も私も実家が少し遠いので、どちらの実家にも頼れない状況です。

​丸山 なるほど。リモートご希望ということですが、今の会社ではリモートはできないんですか?

​高田 実は、産休に入る前はリモートさせてもらってたんです。でも、産休・育休の間に上司が変わって、リモートができなくなってしまったんです。

​丸山 上司が変わって、リモートができなくなるなんてあるんですか?

1/6ページ

最終更新:6/13(木) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年8月号
6月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい