ここから本文です

ソフトバンク・D.サファテ キングは今季中の復帰をあきらめない/負傷組の現状

6/14(金) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 今季中の完全復活に向けてもがいている。6月4日。昨春に右股関節の手術を受けリハビリ中のD.サファテが、アメリカでの執刀医による患部の経過観察のため一時帰国した。5月中旬に本格的なブルペン投球を再開して、順調なら同下旬に二軍戦で実戦復帰するプランもあったが、状態が上がらず登板を回避。診断次第では現地にとどまりリハビリを行う可能性が高く、再来日は未定だ。

 それでも名球会入りの条件である250セーブまで残り16セーブに迫る右腕は、あくまで前向きな帰国だと強調する。「一時帰国というとマイナスなイメージだけど、今季中に一軍に戻るための最善策。(回復を)加速させるために必要なこと」。昨春に手術を受けアメリカでリハビリを続け、今春キャンプ中の2月10日に来日。3月13日の巨人とのオープン戦(ヤフオクドーム)で、約11カ月ぶりに実戦復帰を果たした。

 だが、オープン戦3試合に登板するも状態が上がらなかったことで、首脳陣と話し合い期限を決めずに調整することが決定。筑後のファーム施設では「中途半端には戻れない」と下半身のトレーニングやネットスローを地道に継続し、5月からはブルペン投球を再開したが、その後思うように行かず一時帰国を決断した。

 2017年にプロ野球記録のシーズン54セーブをマークするなど、15年から3年連続のセーブ王に輝いた絶対的守護神は「早く復帰し、チームを助けたい」と、必ず今季中にマウンドへ戻るつもりだ。

写真=湯浅芳昭

週刊ベースボール

最終更新:6/15(土) 12:03
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ