ここから本文です

元Cheeky Pardae 関根優那「グラビアのお仕事が今一番楽しい」

6/14(金) 11:40配信

エンタメNEXT

2018年に解散したアイドルグループ・Cheeky Pardaeのメンバーであり、現在は女優として活躍する関根優那。彼女が卒業してから歩んできた道を語ったインタビューを、『月刊エンタメ』掲載のグラビアカットともにお届けする。

【関連写真】ネクストブレイクの最右翼 人気上昇中の関根優那のグラビア

──関根さんは数年前までは「Cheeky Parade」というアイドルグループで活動していましたが、解散後、舞台やグラビアなど多方面で活躍しています。

関根 元々お芝居がしたくて芸能界に入ったので、グループ解散後は「自分の夢に向けてもっと頑張んなきゃ」というプレッシャーがあって。でも、「新たなスタート」と気持ちを切り替えてからは前に進めました。グラビアのお仕事も私がイメージしていたのと全然違いました! 現場もすごくアットホームな雰囲気だし、今1番楽しい仕事かもしれません。

──演技のお仕事はいかがですか?

関根 大変なこともあるんですけど、充実感とやりがいはすごく感じます。先日まで出演させていただいた舞台「The Stage 神々の悪戯 光と炎の約束」も後半の内容が公演毎に変わるのですごく大変だったんですけど、終演後、好評の声をたくさんもらえてうれしかったです。

──女優として今後挑戦したい役などありますか?

関根 女性から憧れるようなカッコいい役もやってみたいです。

──それこそ今回の撮影では後半はクールな関根さんが見れました。普段から大人っぽい格好はしますか?

関根 あまりしないですね。ただ、こういう雰囲気の撮影は好きなので今日はとても楽しかったです!

──普段は天使のような関根さんですが、今回の撮影のように小悪魔な部分もあったりしますか?

関根 グループにいたときはメンバーから「あざとい」っていじられることが多くて。未だに納得はしていないんですけど、今思うとそういう部分は小悪魔っぽいのかなと思います(笑)。

▽関根優那(せきね・ゆうな)
1994年9月28日生まれ、埼玉県出身。B型。152センチ。昨年8月のCheeky Parade解散後は舞台を中心に活動。10月発売の『ヤングガンガン』で水着グラビアにも挑戦。『SPA!』の「旬撮ガール2019」に選ばれるなど、グラビア界からも熱い視線が集まっている。趣味は1人カラオケ。絶対音感の持ち主で、即興でハモることが得意。舞台『チェンジオブワールド』(6月25日~6月30日にシアターグリーン BOX in BOX THEATERにて上演)に出演。

月刊エンタメ編集部

最終更新:6/14(金) 11:40
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事