ここから本文です

なでしこジャパン・長谷川唯と清水梨紗が本音を語る

6/14(金) 20:03配信

ananweb

「FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019」が開幕! なでしこジャパンの司令塔であるミッドフィールダー(MF)・長谷川唯選手と、頼もしいディフェンス(DF)・清水梨紗選手にお話をうかがいました。今夜のグループステージ第2戦を前に、彼女たちのあふれる魅力をご堪能ください!

今春大学を卒業、プロになりました!

写真左・長谷川唯選手、右・清水梨紗選手。ともに日テレ・ベレーザ所属、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)。

取材させていただいたのは5月中旬。少しだけ傾いた日差しのもと涼風に吹かれながら、MF・長谷川唯選手とDF・清水梨紗選手は、カジュアルな私服で登場。時折弾ける笑顔を見せながら、終始穏やかな表情で、いろいろな質問に答えてくれました。

ーーおふたりとも、この春大学をご卒業ということで、おめでとうございます!

清水・長谷川両選手 ありがとうございます!

ーー生活はどのように変わりましたか?

長谷川選手 午前中は筋トレなど体のケアに費やすことができています。そこから、取材があれば受けて、17時くらいから練習です。サッカーと向き合える時間が増えましたね。

清水選手 私も同じです。今まで日中は授業があって、その後もレポートに追われることが多かったのですが、それがなくなったぶん、午前中は、いまはW杯に向けての体作りのほかに、サッカーの映像を観たりと、本当に好きなこと(サッカー)ができていると実感しています。あと、飼い犬のリキ(ミニチュアダックスフンド)と戯れる時間が増えました(笑)。部屋で遊んでいるだけですけれど、とても癒されます。

長谷川選手 サッカー以外では、ドイツ語の勉強をしています。大学で専攻していたのと、以前ドイツのクラブの練習に参加したことがあり、親しみを感じて続けています。英語のほうがわかりやすいですが、ドイツ語を聞くのが好きなんです。例えば、「ダンケシェーン」(ありがとう)とか……。

清水選手  「ビッテ シェーン」(どういたしまして)とか。(笑)

長谷川選手 そうそう(笑)。そういった言葉の響きが好きなので、チーム内でもたまにドイツ語を言い合っていますね。

1/4ページ

最終更新:6/14(金) 20:03
ananweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事