ここから本文です

カナダ、使い捨てプラスチック禁止へ、首相表明

6/14(金) 7:10配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

早ければ2021年から、ビニール袋やストローなど対象か

 カナダのジャスティン・トルドー首相は10日、2021年までに使い捨てプラスチックの使用を禁止すると発表。さらに、詳細は明かさなかったものの、ほかにもプラスチック汚染の軽減策を講じると表明した。

ギャラリー:プラスチックごみに翻弄される動物たち、写真10点

 トルドー首相は禁止対象となる製品に言及しなかったが、「科学的証拠によって裏づけられた」製品と述べており、ビニール袋、ストロー、カトラリー、器、マドラーなどが対象になる可能性が高い。

 トルドー首相は次のように問いかけた。「みなさんも記事を読んだり、写真を見たりしたことがあると思いますが、正直、父親として、子供たちに説明するのは難しいことです。あなたはどのように説明しますか? 世界中の海岸にクジラの死体が打ち上げられ、胃の中にビニール袋がぎっしり詰まっていることを」

「私は子供たちにどう説明すればいいのでしょう?太平洋の最深部にまでプラスチックが存在するということを」

 カナダは世界で最も長い約24万3000キロの海岸線を持ち、全世界の淡水の4分の1を保有する。国連が2018年に公表した報告書によれば、すでに60カ国以上が禁止または課税という形で、使い捨てプラスチックを減らすための対策を講じている。

 欧州連合(EU)の欧州議会でも3月、ヨーロッパの海岸で最も多く見つかる使い捨てプラスチック製品10品目を2021年までに禁止することが可決された。2025年までにペットボトルの90%をリサイクルするという目標も含まれており、EU加盟国は2021年の期限までに詳細を決定しなければならない。

 5月の選挙に圧勝し、任期5年の2期目を務めることになったインドのナレンドラ・モディ首相は2018年、2022年までにすべての使い捨てプラスチックを排除すると宣言。世界で2番目に人口が多い国としては野心的な計画だ。

 世界で最も人口が多い中国もプラスチック廃棄物の輸入を禁止し、プラスチック汚染の抑制に動いた。中国の扉が閉じられたことで、世界のリサイクル市場が大きな影響を受けている。

 トルドー首相はモントリオール郊外のゴールト自然保護区で今回の発表を行った。トルドー首相によれば、カナダでは使い捨てプラスチックの10%以下しかリサイクルされておらず、このまま状況が変わらなければ、2030年までに110億ドル相当の使い捨てプラスチックを廃棄する計算になるという。

 プラスチックメーカーや小売店がプラスチック廃棄物にもっと責任を持つよう、連邦政府と州、準州が連携し、何らかの基準や目標を導入する予定だと、トルドー首相は述べている。トルドー首相はさらに、全国規模のプラスチック廃棄物ゼロ戦略を策定するため、環境相と協力していくと明言している。

「大きな一歩ですが、2021年までに実現できると確信しています」

文=LAURA PARKER/訳=米井香織

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事