ここから本文です

【バイクで巡るニッポン絶景道】日本海一望、波飛沫を浴びる豪快な旅路を疾走![新潟県]#モトツー

6/14(金) 5:30配信

WEBヤングマシン

~国道402号線 越後七浦シーサイドライン~

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第11回は日本海沿いの風景を、そしてバイクならではのリアルな波しぶきを堪能できる国道402号線、越後七浦シーサイドラインを紹介しよう。

【写真をまとめて見る】

TEXT:Hidetoshi KANDA

荒々しい断崖を沿うように日本海の荒波を体感!

濃い群青色の海が大変美しい日本海。特に日本海沿いに長く伸びる新潟県には、素晴らしい海岸風景を堪能しながらツーリングできる絶景ロードが数多く点在する。その中でも、特に走っておきたいイチ推しがこの越後七浦シーサイドラインだ。

ここはWEBや雑誌といった“絶景ロード”のまとめ等には、ほぼ登場する事のない、全国的にもかなりマイナーな観光道路。総延も約14kmと少々短めだ。

しかし、訪れた者の視覚と印象を一生捉えて離さない強烈なインパクトを持った絶景ロードなのだ。

日本海沿岸随一の大都市、新潟市を抜け海岸沿いを一路南下してゆくと、約30kmにわたる砂浜地帯が現れる。海水浴のメッカでもあり、シーズン中は渋滞等も起こる冗長なルートだが、突然荒々しい断崖沿いをトラバースする海岸ロードが出現する。

日本海特有の荒波が岩礁を削って造形した奇岩・怪岩の連続。路面は豪快にアップダウンをしつつ断崖を抜けるが、低い位置では海面スレスレ。このローラーコースター感抜群の道路様相も素晴らしい魅力の一つだが、最大のお楽しみがもう一つある。

それは、波。平気で路面に波が飛沫を上げて襲いかかってくるのだ。もうこれはド肝を抜かれる事間違いない。当然、危険なレベルの波浪ではないが、インパクトは抜群。旅をしに来た感満点の迫力のある道だ。

ただし、路肩が狭く、途中の停車は大変危険。駐車スポットが少ない為、降車して情景を楽しむ場所は限られているが、ただ一気に駆け抜けるだけで、十二分にその魅力を楽しむ事ができるだろう。

これぞバイク旅の特権。小粒ながら強烈な印象を味わえる、想い出に残る道だ。そう、ここにしか無い風景。そんなシーンを堪能できる、ツーリングライダーにとって想い出の原風景になるに違いない道なのだ。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 11:15
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事