ここから本文です

考案者も10kg痩せた!「酢キャベツダイエット」のやり方

6/14(金) 7:04配信

ウィメンズヘルス

ヤセ菌を増やすメソッドをレクチャー。お話を伺った『ヤセたければ、腸内「デブ菌」減らしなさい!』著者で東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生自身も10キロやせたという「酢キャベツダイエット」についてご紹介。

なぜ酢キャベツが良いの?

デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やすことがダイエットの成功のコツだけれど、何を食べるのが効率よく効果を実感できるのだろうか。藤田先生によると、「酢キャベツがおすすめです。キャベツには、水溶性と不溶性2種類の食物繊維がバランスよく含まれていて腸内環境を整える作用があります。そして、酢とキャベツにはダイエットに味方する短鎖脂肪酸が含まれているので、最もおすすめしたいダイエット食なのです」

酢キャベツの作り方

【材料】
キャベツ 大1/2玉(500~600g)
塩 小さじ2
酢 500ml
粒マスタード 小さじ2(お好みで)
保存用袋 1枚

【作り方】
1. キャベツは洗って千切りにする
2. 保存袋に入れて塩をふり、空気を入れて口を閉じる
3. 袋を上下に振り、塩を全体にまぶす
4. 袋を開けて酢を注ぎ入れ、空気を抜いて袋を閉じる

【ポイント】
冷蔵保存で2週間は美味しく食べることができるので、作り置きもおすすめです。この場合は、煮沸消毒したビンに入れておくと、冷蔵庫内で液だれなどを起こさずに便利です。酢は、お好みの醸造酢(穀物酢・米酢・果実酢・黒酢)を使ってください。

酢キャベツダイエットの方法

「酢キャベツダイエットの基本は、食事の前に酢キャベツを100g食べるだけです」と藤田先生。他にも、押さえておきたい5つのダイエットルールはこちら。

1. 酢キャベツは食前に食べる
食物繊維を先に摂ることで、血糖値の急上昇、インスリンの過度の分泌を抑え、余った糖質が脂肪として蓄えられることを防ぐ。

2. 目標は1日3食
難しい時は1日1食でもOK。毎日続けることが重要。食べる回数が増えればその分、効果を早く実感できる。朝昼晩、いつでもOK。

3. 糖質の多いものは避ける
特に食事の合間の間食はやめること。空腹時に糖質の多いものをとるのはデブ菌を増やす大きな原因。間食したいときには、ゆで卵やナッツなど糖質の少ないものを食べるように。もし、おなかが空いたら、酢キャベツを食べるのがおすすめ。

4. 炭水化物は控えめにする
デブ菌を増やす白米やパン、うどんなど精製した白い炭水化物はできるだけ控えること。

5.キャベツにつけた酢も一緒に飲む
酢には短鎖脂肪酸が含まれているので、血圧の上昇を緩やかにして、血管を健康にしてくれる。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 10:58
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ