ここから本文です

「重圧などどこ吹く風とばかりに…」海外名物記者がコパ・アメリカに臨む久保建英の“メンタル”を称賛!

6/14(金) 5:25配信

SOCCER DIGEST Web

植田を「次代のディフェンスリーダー候補」と紹介

 最後にリストアップしたのは、ベルギーのセルクル・ブルージュで進化を続ける植田直通だ。

 タン記者は植田を「次代の日本代表ディフェンスを支えるリーダー候補」と評し、森保ジャパンのCBを巡る争いはこれから熾烈になると説明。そのうえで、「今回はタケヒロ・トミヤス(冨安健洋)はエントリーしたが、鹿島でコンビを組んだゲン・ショウジ(昌子源)は不在。ウエダにとっては足場を固める良い機会となるだろう」と記した。

 なおタン記者が厳選したカタールの選手は、いずれもアジアカップ決勝で日本を苦しめたFWハサン・アルハイドス、FWアルモエズ・アリ、CBバッサム・アルラウイの3人。3年後の自国開催ワールドカップに向け、ホストカントリーがいかなる戦いを見せるのかにも注目だ。

 大会は現地時間の6月14日に開幕する。日本はグループCに組み込まれ、ウルグアイ、エクアドル、チリと同居。初戦の相手はチリで、現地時間6月17日20時(日本時間18日8時)のキックオフだ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

2/2ページ

最終更新:6/14(金) 6:02
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事