ここから本文です

梅雨時期の洗濯を気持ち良く行うための3つのコツ

6/14(金) 11:03配信

サライ.jp

いよいよ梅雨のシーズンです。梅雨になると洗濯や干し方について頭を悩ませることも多くなります。
リンナイ株式会社が全国20~60代の男女計1,000名を対象に、「洗濯」に関する意識調査を実施しました。梅雨でもストレスなく洗濯をするコツを探っていきましょう。

「洗濯知識テスト」を通して、あなたの洗濯理解度をチェック!

洗濯に関する簡易テストを、長野県伊那市のクリーニング会社「芳洗舎」3代目であり、日本を代表する洗濯家の中村祐一先生が作成しました。まずはあなたの洗濯理解度をテストにトライして確認してみてください。

「洗濯知識テスト」の中村先生の解説付き解答は図の通りになります。あなたの正答率はどれくらいだったでしょうか?

7問以上正解:洗濯優等生!

4問~6問正解:合格点ですが、より満足のいく仕上がりになる洗濯ができる余地があります!
0問~3問正解:間違った知識のもと日頃洗濯をしている可能性大! 少しの工夫で汚れ落ちや臭いなど気になるポイントが解消できるかも!?

全10問の「洗濯知識テスト」の平均点は5.6点となり、7点以上得点できた“洗濯優等生”は全体の約2割しかいないという結果が出ました。設問の中で最も正答率が低かったのは「梅雨時のにおいは部屋に干すことが原因」でした。それぞれの設問に対する正答率は下記になります。

中村先生は「洗濯は、基本を教わる機会が極めて少ないので、なんとなくやっている部分がとても多い家事だと思います。いつもは無意識になんとなくやっている部分を原理原則に基づいて再デザインして少しだけ意識的にやってみると、仕上がりが良くなったり、洗濯そのものが楽になったりします」とコメントしています。

また、設問の中で最も正答率の低かった<梅雨時のにおいは部屋に干すことが原因>と思われている人が多いということについて「洗濯についてアドバイスをしている時、よく見られる認識です。部屋に干すこと自体が臭いの原因ではなく、そもそも日頃の洗濯できちんと洗えていない(汚れが残ってしまっている)ことが部屋に干すことで表面化するのです。“部屋に干した時に臭うかどうか?”は“きちんと洗濯ができているか?”のバロメーターにもなります」と解説します。
洗濯の難敵・梅雨を目前としたこの時期に改めて、ご自身の洗濯理解度をチェックし、毎日の洗濯を見直すのもいいかもしれませんね。

1/3ページ

最終更新:6/15(土) 17:48
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事