ここから本文です

グーグルは「Pixel 4」の秘密を自ら“暴露”しても、何の痛手も被らない

6/14(金) 12:14配信

WIRED.jp

グーグルは次期スマートフォン「Pixel 4」に大いに期待を寄せている。Pixel 4が今年の後半、おそらく秋の半ばに発売される際には、このスマートフォンは現行のAndroidの最高峰を象徴する存在となり、アップルの「iPhone」を使っているユーザーたちに機種変更を促す強力な宣伝材料になるだろう。

グーグルが「Google I/O」で発表した7つの重要なこと

こうした情報公開は通常なら、何カ月にも及ぶ準備期間を経て、計算しつくされた戦略に基づいて展開される。ティザー広告を除いて、厳格な箝口令が敷かれるのだ。

あるいは、グーグルのように別のやり方もある。その“秘密”を自らツイートするのだ。

これより大規模なハードウェア関連のリークは、過去にも起きている。よく知られるところでは、2010年に「ギズモード」が、発売予定よりも何カ月も前に本物のiPhoneを手に入れた“事件”があった。

18年にグーグルの「Pixel 3」が発売されたときには、この機種はディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」の水しぶき以上に派手に情報が飛び出した。続く「Pixel 3a」も同様だった。

一方で、企業が自ら情報をリークすることで、先手を打った最後はいつだったのか、思い出すのは難しい。さらに、それがグーグルがとりうる最も賢明な措置ではないと言うことも難しいだろう。

あえて自らリークした理由

状況を考えてみよう。今週の初めに、複数のテックブログからPixel 4の予想デザインが公表された。動画アカウントの「Unbox Therapy」には、メタリックのPixel 4と「Pixel 4 XL」のデザインを披露する動画さえ存在する。この夏を目前にして、ダムにはすでにたくさんの割れ目が生じている。

何カ月にも及ぶ予想や噂、リークや憶測が重なり、しまいには10月のプレゼンテーションが野暮ったいジョークのようになってしまう。これでは、あっという間にこの先の楽しみがなくなってしまう。

グーグルは、そんな状態をよしとしないことを選んだ。同社は単に高解像度の宣材写真を使ってPixel 4をアピールするのではなく、製品それ自体の魅力に焦点を当てることにしたのだ。つまり、ユーザーの目で確かめてもらって関心を引くことで、同社は肝心のリリースに人々の話題が再び集まるようにしている。それにPixelの重要なポイントは、その見た目ではなく機能なのである。

「グーグルがやっていることはデザインのリークです」と、調査会社ガートナーのテック業界アナリストであるトゥオン・グエンは指摘する。「でも、グーグルはハードウェア企業というわけではありませんから、デザインのリークはそれほど重大ではありません」

1/3ページ

最終更新:6/14(金) 12:14
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事