ここから本文です

快適なフライトにするため「機内に必ず持ち込むものランキング」、男女間にはギャップが!?

6/14(金) 17:03配信

Suits-woman.jp

海外旅行へ行くとなると、ほとんどの人が利用する「飛行機」ですが、目的地によっては8時間など長時間の搭乗に。長時間のフライトは苦手、ツラいという堅実女子も少ないないと思います。

株式会社エアトリは、10~70代の男女1799人を対象に「飛行機での過ごし方」に関する調査を実施。みんなはフライト時間をどのように過ごしているのでしょうか。

機内での過ごし方、所要時間によって差はある?まずは【4時間未満のフライト】

ちょっとウトウトしている間に目的地に到着!が理想ですが、長時間のフライトとなると、その過ごし方もさまざまになってきますよね。そこで、【4時間未満のフライト】、【4時間以上、6時間未満のフライト】、【6時間以上のフライト】での過ごし方を聞いてみました。

4時間未満のフライトでの機内の過ごし方については、全年代で「機内モニターで映画・ビデオを見る」が6割を超える結果となりました。席周辺の環境を整えて、映画を1本見たら着陸準備……といったところでしょうか。続いて回答が多かった「寝る」では、60代以上のみ半数を割る結果となりました。

【4時間以上、6時間未満のフライト】

続いて、4時間以上、6時間未満のフライトでの機内の過ごし方について聞いたところ、30代以下以外の年代で「機内モニターで映画・ビデオを見る」が最も割合が多い結果となりました。「4時間以下のフライト」では30代以下も「機内モニターで映画・ビデオを見る」と回答した人が1番多い割合でしたが、「4時間以上、6時間未満のフライト」では「寝る」が上回る結果となりました。4、5時間のフライトとなると睡眠時間に充てるという人も増えてくるようです。

【6時間以上のフライト】

6時間以上のフライトでの機内の過ごし方は「寝る」、50代と60代以上は「機内モニターで映画・ビデオを見る」と回答した人が最も多い結果となりました。6時間以上もの時間を過ごすとなると、寝て、映像を見て食事をしても時間はたっぷり。音楽を聴いたり読書やゲームをしたりと、自分なりの楽しみ方を用意しておいたほうがよさそうですね。

続いては、みんなの“機内にこれは絶対に持っていく!ものランキング”をご紹介します。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 17:03
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事