ここから本文です

交際から約1年で! クリス・プラット&キャサリン・シュワルツェネッガーが結婚に至るまで

6/14(金) 22:02配信

25ansウエディング

先日、俳優のクリス・プラットと、アーノルド・シュワルツェネッガーの娘で作家のキャサリン・シュワルツェネッガーがめでたく結婚しました。2019年1月に婚約を発表し、世間を大いに驚かせたクリス・プラットとキャサリン・シュワルツェネッガー。米『ピープル』誌によると、2人の結婚式はアメリカのカリフォルニア州モンテシトで行われたそう。親しい人々だけを招いての結婚式。駆け足で進んだふたりの結婚までの軌跡を振り返ります。

結婚式

ふたりが内輪の結婚式を挙げたのは、カリフォルニア州モンテシト。それぞれの家族と、ロブ・ロウなどの親しい友人のみが集まったのだとか。
以前ある情報筋が『People』誌に語ったところによると、「クリスとキャサリンの結婚式は、ごく親しい人だけの内輪の行事になるよ」「彼らは結婚式をお祭り騒ぎにはしたくないんだ。お互いへの約束という意味合いが重要になるし、神が大きな役割を担うだろうね」とのこと。
記念すべきこの日、ふたりが身につけたのはアルマーニによる特注の衣装。それぞれが投稿した(おそらく同じ写真の)インスタグラムのメッセージで、デザイナーに感謝の意を伝えています。

「昨日は僕らにとって最高の日でした! 神、家族、僕らが愛する人々の前で夫婦になりました。とても親密で、感動的で、心を打つ結婚式でした。僕らは人生の新たな門出を迎えるにあたり、とても祝福された気持ちです。僕らを支えてくれた家族や友人たちにとても感謝しているし、キャサリンに人生で一度きりのドレスを、そして僕にもパーフェクトなスーツを作ってくれたジョルジオ・アルマーニ氏にも感謝しています。今朝はただ幸せでいっぱいです。」

キャサリンのブライダルシャワー

クリスとつき合い始めてからというもの、定期的に新聞の見出しを飾るようになったキャサリン。だけど、4月に行われた控えめながら華やかなブライダルシャワーは、クリスによるものではない、彼女自身のスター性を思い出させるものでした。
ある情報筋が『People』誌に語ったところによると、キャサリンの母であるマリア・シュライバーの家で行われたブライダルシャワーは「とても堅実で親密」な雰囲気で、「楽しいゲームや、ゲストがアレンジメントを作れる花の台があって、ゴスペルの聖歌隊がいくつか歌をうたいました」とのこと。
ゲストの中には、シュワルツネッガー家の友人であるオプラ・ウィンフリーや、キャサリンの父であるアーノルド・シュワルツェネッガーの姿もあったそう。途中、クリスも現れて未来の花嫁のために素敵な乾杯の音頭を取ったけれど、ほとんど表舞台に出なかったのは、パーティーの主役の座を奪いたくなかったからでは、と言われているのだとか。

1/4ページ

最終更新:6/14(金) 22:02
25ansウエディング

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

2018~2019 Winter
2018年12月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間4種類。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ