ここから本文です

“エコ”なスニーカーのスタートアップは、こうして大手ブランド中心の市場で頭角を現した

6/14(金) 18:12配信

WIRED.jp

大手ブランドが中心のスニーカー市場で、ここ数年で新規参入したスタートアップが存在感を強めている。サステナブルな素材と履き心地のよさで愛されているオールバーズや、競技用のランニングシューズで知られる「On」といったブランドは、いかに独自性を打ち出し、世界中に多くのファンを獲得していったのか。

世界各地から集められた素材はアジアに集まる

さらに中国では上海への出店に続いて、成都への進出準備も進めている。とはいえ、オンライン販売を重視する方針は変わっておらず、アリババグループが運営するショッピングサイト「天猫(Tmall)」でも購入可能だ。ほかにも、カナダやオーストラリア、ニュージーランドにもすでに進出している。

急増するフットウェアへの投資

ここ数年、投資家の間ではフットウェア部門への投資が驚くほど人気になっており、オールバーズもうまくその波に乗った。スタートアップのデータベース「CrunchBase」によると、過去2年間だけでもヴェンチャーキャピタルはシューズのスタートアップやフットウェアのデザイナーに1億7,000万ドル(約187億円)を投じている。

すでに十分に成熟した市場であることを踏まえると、フットウェアに対する世界的な需要拡大は驚くほどのスピードで進んでいると言える。17年には年間成長率が4.6パーセント増え、市場規模は2,460億ドル(約27兆円)に達した。ただし、スタートアップにとってのみ、おいしいマーケットというわけではない。フットウェア企業として世界最大の時価総額を誇るナイキも、1,300億ドル(約14兆円)という記録的な時価総額を記録している。

成長中とはいえ競争が激しいフットウェア市場で存在感を放つために、新規参入企業はイノヴェイションとサステイナビリティを前面に押し出そうとしている。オールバーズの場合は「環境への優しさ」において、お墨付きを得ていることが自慢だ。

オールバーズ製スニーカーのアッパー部分には、メリノウールか、NGOである「森林管理協議会(FSC:Forest Stewardship Council)」の認証を受けたユーカリのパルプからつくられた糸が使われている。ライヴァルであるスタートアップ企業のロシーズ(Rothy’s)も、再生プラスティックボトルからつくられたシューズの販売で環境に配慮する姿勢をアピールしている一方で、業界大手のアディダスも海洋ゴミから回収されたプラスティックを使用したシューズラインを売り出すなどしている。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 18:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事