ここから本文です

任天堂が「E3 2019」で発表した(しなかった)3つの重要なこと

6/14(金) 19:11配信

WIRED.jp

世界最大のゲーム見本市「E3 2019」が開催され、さまざまなニュースが舞い込んできている。なかでも任天堂のプレゼンテーションからは多くのニュースがもたらされた。

【動画】任天堂、3つの重要なニュース

1)「ゼルダ」新作の発表

E3で最初にもたらされた大きなニュースは、任天堂が「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編の製作にすでにとりかかっているという発表だった。このショーで任天堂が発表したティザー映像において興味深いのは、前作からトーンが大きく変わっていることである。

ゼルダとリンクが不気味な地下の穴ぐらで、何らかの禁じられたテクノロジーと、はるか昔に死んだ王族の骸骨から放たれるエネルギー源へと近づいている。そこで何かが起こり、リンクが傷を負ったように見える。そして、そのあとは……? 次に何が起きるのかは、知るよしもない。

一見すると、この続編は前作の流れを受け継いでいるようだが、不気味さが増しているようにも見える。それはゼルダの世界ではごく普通のことではない。また、より活発になったプリンセスには、わくわくさせられる。リンクが負傷している可能性があるなら、なおさらだ。プレイしやすいゼルダ? おそらく、そうはならないだろう。しかし、その可能性はゼロではない。

2)「どうぶつの森」新作に関する2つの知らせ

楽しい動物たちが住み、完璧に飾り付けられた家のある静かな村は好きだろうか? もしそうなら、あなたはおそらく「どうぶつの森」の次回作を待ち望んでいることだろう。

そこで、ちょっと聞いてほしい。いいニュースと、悪いニュースがある。いいニュースは、このゲームのタイトルが「あつまれ どうぶつの森」になったこと。悪いニュースは、その発売が2020年3月20日に延期されたことである。

最も興味深いのは発売の遅れ自体ではない。任天堂が延期の理由について、「危機的状態を回避するため」としたことである。ニンテンドー・オブ・アメリカ社長のダグ・バウザーはIGNの取材に対し、この遅れに関して次のように語っている。

「わたしたちにとって重要な信条のひとつは、人々を笑顔にするということであり、わたしたちは常にそのことについて話をしています。それが任天堂のヴィジョンであり、ミッションであるとも言えます。そして、それは社員に対しても当てはまるもので、良好なワーク・ライフ・バランスを確保する必要があるのです」

企業が危機的な状態について公に話すのは、あまり普通のことではない。ましてやゲームの開発が遅れている原因として、仕事の量を減らそうとしているなどと言うのは極めて珍しい。今後もこうした率直な話が聞けるのか、動向を見ていきたい。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.34』

コンデナスト・ジャパン

2019年9月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.34「ナラティヴと実装」社会実装の可能性を探るべく、2020年代の実装論を総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事