ここから本文です

そのVRヘッドセットが65万円でも“高くない”と言える、たったひとつの理由

6/14(金) 19:11配信

WIRED.jp

夜のベルリン。駐車スペースに停められたコンセプトカーの曲線が、街の光を反射する。ボンネットの横にかがみこむようにして、その形を愛でた。ボディーの塗装がきらめき、タイヤに刻まれた「SPEED-GRIP」のロゴが目に入る。ロゴはぼやけているが、汚れや傷は見えない。まるで秘密の工場から空輸されたばかりで、道路をまったく走っていないかのようだ。

VRは生活を変えるのか。それとも“期待外れ”なのか?

こんな光景は、いままで見たことがなかった。仮想現実(VR)のヘッドセット越しには、とりわけそうだと言えるだろう。VRの世界において、文字の視認性は常に犠牲にされてきたからだ。

そんな状況を変えたのが、フィンランドのヘルシンキに本社があるVarjo(ヴァルヨ)である。同社が開発したVRヘッドセットの試作品を初めて見た約2年前は、まだその場しのぎ的な代物だった。この試作品はオキュラスのVRヘッドセット「Oculus Rift」を改造したもので、超高解像度のマイクロディスプレイが視界の中心部に表示されるようになっていた。

それは、これまで体験したなかで最も鮮明なVRだった。そこにさらなる改良が加えられ、このたび完成されたデヴァイスになったのだ。

青ざめるほどの高値

世界でたったひとつのプロ用VRヘッドセット。それは人間の眼と同等の解像度を備えている──。今年2月に発売した「VR-1」について、ヴァルヨはそう謳っている。

ここで鍵を握るのは「プロ用」というフレーズだ。鏡面仕上げのアイボックスと、かつてないほどに本物さながらの迫力は、まるで未来の人々が築き上げた遺物を目前にしているような感じすらする。

一方で5,995ドル(約65万円)という値札を見れば、それは万人のためのデヴァイスではないことを実感するだろう。これは消費者向けの商品ではなく、ヴァルヨのベータプログラムに1年にわたって参加した企業を対象とした製品なのだ。

そしてエアバスやアウディ、英国の大手設計事務所フォスター・アンド・パートナーズなど、プログラムに参加した企業にとっては、長期的に得られる恩恵を考えれば、その青ざめるほどの高値は大きな問題ではない。

1/3ページ

最終更新:6/14(金) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい