ここから本文です

【K-1】小澤海斗、鷹大戦は「バコーン! といきたい」

6/14(金) 19:14配信

ゴング格闘技

2019年6月30日(日)東京・両国国技館で開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』。

【写真】重い蹴りで快音を響かせた小澤

 同大会のフェザー級スーパーファイト3分3R延長1Rで、鷹大(WSRフェアテックス西川口)と対戦する小澤海斗(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が14日(金)都内所属ジムにて公開練習を行った。

 2分のミット打ちを行った小澤は「コンディションは順調です」と言い、特に蹴りで快音を発していたことに触れられると「パンチも蹴りもどっちもレベルアップしていますね」と、成長を確信しているとの答え。

 シルバーウルフに移籍して今回が2戦目となり、「最初に来た時よりはだいぶ慣れたけれど、まだ緊張する。来た時からやることは変わらないけれど、前までいたところよりもマジな練習って言うのかな。試合に近い状態で練習できるのが緊張しますね。試合でそれが活きると思う」と、より緊張感を持って練習ができているという。

 シルバーウルフには所属選手を始め出稽古でもトップ選手が集まり、「全員から刺激を受ける。パンチがみんな上手なので、細かい技術だったり、他では学べないことを学べた」と新たな環境での手応えを感じているようだ。ちなみに、同ジムで練習している城戸康博からショーマンシップを学ばないのかと問われると「笑わせるのは得意じゃないっす」と苦笑した。

 精神的にも「あまり怒らなくなったのかな」と変化があり、「成長したって感じですかね。練習だけじゃなくて練習じゃない時も平常心、気持ちの浮き沈みをなくそうと心掛けている。試合でも冷静。闘争心を燃やすけれど冷静です」と、冷静さを心掛けている。

「冷静さが一番大事。プラスしてアツくなりすぎず。周りが見えるように、相手の攻撃が見えないのは意味がない。去年はアツくなりすぎた。ぶっ倒してやるみたいな、そんな感じでしたよ」と、昨年はアツくなりすぎたことが不調の原因だったと話した。

 前回の試合は冷静になりすぎた感もあったが、小澤は「あれはいろいろ試したいこともあったので、前回は慎重になりすぎた。ライオンじゃないけれど、相手を仕留める覇気が足りなかった。試しすぎた」と反省。

 対戦する鷹大については「試合を見ました。ザ・ムエタイみたいな感じです。他団体のチャンピオンでムエタイのベルトを持っているので、強いとは思う。一発はあるので油断してもらなわいようにしないと。相手のリズムには付き合わない。タイプとしてはまあまあだけれど、好物ではない」と、記者会見の時よりは警戒したコメントをしたが、「特に怖いものはない」と断言。

 会見では「誰だよこいつ、って感じなんですけれど」「黙ってろ、カス!」と発言し、鷹大側のウィラサクレック会長を始めジムの会員からも怒りを買ったが、「試合をやるのは俺と鷹大君なので周りは関係ない」とばっさり。

 そして「バコーン! といきたい」と威勢よく試合を表現したが、それは一発で仕留めるということかと聞かれると「いや、3発くらいで仕留めます」と笑った。

最終更新:6/14(金) 19:14
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事