ここから本文です

美女医・貴子先生の「メイクを崩さないない」アイテムとテク教えます!

6/14(金) 20:04配信

集英社ハピプラニュース

いつでも“崩れ知らず”の美貌を保つ貴子先生に、その秘策を徹底取材!すべて私物の愛用コスメとそれを使った“崩さない”テクを大公開!

【写真】40代がチェックすべきメイクアップ法

Dr.Takako 貴子先生
松倉HEBE DAIKANYAMA院長。美容医療の専門医という仕事柄、美貌を自ら体現。診療中も常にパーフェクトなメイクで臨む。無類のコスメ好きで、崩さないためのアイテムを厳選

「患者さんに崩れた顔を見せない。それも、仕事の一貫です」
セミマット肌とうるツヤリップを死守
「ツヤ肌やマットリップが流行しても、仕事柄、セミマット肌×うるツヤリップの“王道メイク”を貫いています。清潔感と女性らしさのある王道メイクは、幅広い年齢層の患者さんに受け入れてもらえるからです。そしてどんなに忙しくても、その王道メイクを崩さないのは当然のこと。“仕事のうち”だと考えています。診療が始まったら時間がないので、朝の時点で念入りに仕込んでおき、メイク直しは最小限に。『いつもきちんとしているわね』と患者さんに感じていただきたいと心がけています」

1 下地はあえての「3種盛り」
「下地の段階で、エアコンによる乾燥、紫外線、毛穴と、日中降りかかる難問のすべてを解決しておくと、肌は崩れません。それぞれに適した下地を使用するので、3種を重ね塗り」

まずは、紫外線を最高値でカットするSUQQUのエクストラプロテクター 50を顔全体に。5点に置いて均一にのばす。その上から、保湿&リフトアップ効果の高いコスメデコルテのAQ エッセンス グロウ プライマーをUゾーンに、毛穴消し効果の高いランコムのタンイドル ウルトラ ウェア ブラーはTゾーンに、と塗り分ける。

2ファンデーションは上下別塗り
「崩れないファンデーションはのばしたそばからフィットするので、手早く塗ることが肝心。使い捨てスポンジを使い、まずは額を完成。次に目から下を、と上下別々に仕上げるとキレイです」

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 20:04
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事