ここから本文です

“狡猾で獰猛な肉食獣”ルノー会長スナール氏が日産を揺さぶる本当の理由

6/14(金) 6:00配信

文春オンライン

 6月25日に開催される日産自動車の株主総会で提案される、同社の指名委員会等設置会社への移行案について、筆頭株主のルノーが議案への投票を棄権する意向を日産に伝えた。この指名委員会等設置会社への移行のためには、定款変更が必要であり、その定款を変えるためには特別決議(過半数の株主が出席し、かつ3分の2以上の賛成)をしなければならない。ルノーが棄権すれば、指名委員会等設置会社移行はできなくなるというわけだ。

【写真】日産に揺さぶりをかけるルノー・スナール会長

ルノーの「揺さぶり攻撃」は筋が通らない

 ルノーが求める経営統合に応じない日産に対し、ルノーが揺さぶり攻撃をかけてきているわけだが、それにしても解せないのは、この指名委員会等設置会社への移行は、5月14、15両日に開催された日産取締役会において全会一致で決議しており、その取締役会にはルノー会長のジャンドミニク・スナール氏も参加しているのだ。

 指名委員会等設置会社への移行により、取締役会は社外取締役が過半数を占めるようになり、経営トップの人事を決める指名、報酬、監査の3委員会が設置されることになる。カルロス・ゴーン前会長に権力が一極集中したことで、特別背任事件や会社の私物化問題が起こったと考えた日産は、コーポレートガバナンス改革の目玉として指名委員会等設置会社への移行を決めたのである。

 今になってルノーが棄権する意向を示したのは、各委員会のメンバー構成についてルノーに説明がないことが原因とされる。しかし、これも解せない。5月17日の取締役会で新しい取締役候補は社外も含めて決まっており、その中から各委員会のメンバーが選ばれる。日産取締役会にスナール氏も、ルノーCEOのティエリー・ボロレ氏も入っているのだから、そこでメンバーの人選について意見を言えばよかっただけの話だ。いまさら「各委員会メンバーの人選について説明がないので株主総会での決議を棄権する」では筋が通らないのではないか。

背景にあるスナール会長の焦り

 はっきり言うが、今回の「ゆさぶり攻撃」には、ルノー側の焦り、特にスナール会長の焦りが感じられる。5月27日にフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)がルノーに対して提案した経営統合について、スナール氏はそれを受ける方向でいた。だがルノーの筆頭株主であるフランス政府の反対にあい、計画がいったん暗礁に乗り上げたことで、スナール氏の「策略」に狂いが生じ、焦りを感じるようになったのではないか。ルノーが日産に対して棄権の意向を伝えたのは、FCAとルノーの経営統合交渉が白紙に戻った6月6日の直後だ。

1/4ページ

最終更新:6/14(金) 6:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事