ここから本文です

「世界で最も有望な若手を獲得」久保建英のマドリー入団が正式決定!来季はラウール監督の下、Bチームでプレー

6/14(金) 20:02配信

SOCCER DIGEST Web

6年契約、年俸100万ユーロとの報道

 驚きの移籍が実現した。

 6月14日、レアル・マドリーが公式ホームページで、FC東京の久保建英を獲得したと発表した。移籍金や契約期間は公表されていないものの、スペイン紙『Marca』によると2025年6月30日までの6年契約で、年俸は100万ユーロ(約1億3000万円)、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)と見られている。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 公式ホームページでは、久保について次のように紹介している。

「久保建英(2001年6月4日生まれ、日本・神奈川県出身)は、マドリーのカスティージャ(Bチーム)でプレーする。マドリーは、世界で最も有望な若手のひとりを獲得したことになる。ゲームビジョン、ドリブル、ゴールセンスに優れ、抜群のテクニックを持つ攻撃的MFだ」
 
 今月4日に18歳となり、欧州への移籍が可能になった久保について、古巣のバルセロナやパリ・サンジェルマンが獲得に動いていると報じられていたが、ここにきてマドリーが横槍を入れ、いわば強奪した形となった。

 マドリーのカスティージャは、スペインの2部B(実質3部)に所属しており、新シーズンから、クラブのレジェンド、ラウール・ゴンサレスが監督を務めることになっている。

 久保は2011年から約4年間、バルセロナの下部組織でプレーしており、その最大のライバルであるマドリーへの「禁断の移籍」を果たしたことになる。

 18歳の若きサムライのこの移籍は、スペインでも物議を醸すかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/15(土) 0:29
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事