ここから本文です

“29秒の衝撃”― 超速4連続エースにATP驚愕「史上最速のサービスゲームを目撃?」

6/14(金) 8:13配信

THE ANSWER

メドベージェフがわずか29秒でサービスキープ、相手は触る事すらできず

 男子テニスのメルセデスカップは12日、シングルス2回戦で世界ランク13位のダニール・メドベージェフ(ロシア)の“超速キープ”が話題を呼んでいる。同26位のリュカ・プイユ(フランス)と対戦し、第3セットの第7ゲームでは4連続サービスエースで、わずか29秒でキープ。動画を公開しているATPツアーは「我々は史上最速のサービスゲームを目撃しているのだろうか?」と驚きを隠せない様子だ。

【動画】「史上最速のサービスゲーム?」とATPツアー驚愕、メドベージェワがわずか29秒でキープする実際のシーン

 あっという間に終わった。第3セット、メドベージェフが1-5とリードされて迎えた第7ゲームだ。後のないロシアの23歳ホープが持ち味を発揮した。

 次から次へと強烈なサービスエースを叩き込んでいくメドベージェフ。相手のプイユは半ばリターンを諦めているのかと思えるほど、動かない。4本連続でボールに触れることすらできなかった。

 このサービスキープにかかった時間はわずか29秒だった。ATPツアーの公式インスタグラムは「HOT SHOT」として29秒キープを動画で公開。「29秒、我々は史上最速のサービスゲームを目撃しているのだろうか?」と驚きをつづると、ファンからも反響のコメントが次々に寄せられている。

ファンも感嘆「メドベージェフはツアー最高のサーバーのひとり」

「ナダルは1回のサーブにもっと時間をかける」
「なんてこった」
「メドベージェフは今ツアー最高のサーバーのひとり」
「素晴らしいが、退屈だな」
「もちろん最速。アンビリーバブル」
「素晴らしい!」
「毎回違う場所に打っている」
「非現実的だ」

 またATPツアーは公式サイトでも、超速キープを特集。「彼は4連続エースを決めた。このゲームは29秒だった」と伝え、さらに「彼はイスの方へ歩いていき、ラケットを掲げた。観衆は、最近の記憶では最速のひとつであろうサービスゲームに対して声援を送った」とレポートしている。

 また記事ではウエスタン・アンド・サザン・オープンで、ニック・キリオス(オーストラリア)が37秒でサービスゲームをキープした記録を紹介。キリオスの記録を8秒も上回ったが、肝心の試合は続く第8ゲームを落として1-2で敗れている。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/14(金) 9:01
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事