ここから本文です

「妖怪人間ベム」50周年記念新作アニメ「BEM」キャスト集合写真&コメントが到着!!

6/14(金) 17:39配信

ザテレビジョン

「妖怪人間ベム」50周年記念作品として話題の新作テレビアニメ「BEM」。このたび、豪華声優陣の集合写真とコメントが到着した。また、放送スタート日の変更もアナウンスされ、7月14日(日) 夜1:35~2:05、テレビ東京系にて放送開始となることが改めて発表された。

「妖怪人間ベム」50周年記念新作アニメ「BEM」キービジュアル

「BEM」は、異形の姿で生まれ闇に生きる妖怪人間のベム(CV:小西克幸)、ベラ(CV:M・A・O)、ベロ(CV:小野賢章)の活躍と苦悩を描く完全新作アニメ。オリジナル作品で描かれていた妖怪人間3人の“強さ”や“真っすぐさ”、“切なさ”といった、本質的かつ普遍的な魅力はそのままに、舞台設定やキャラクター設定を一新した全く新しい「妖怪人間ベム」の物語が紡がれていく。

今回公開されたキャスト集合写真には、主人公の3人を演じる小西、M・A・O、小野のほか、物語のキーパーソンである女性刑事・ソニアを演じる内田真礼、ウッズ役の乃村健次、Dr.リサイクル役の諏訪部順一、フェルト役の小野大輔、そして謎の女を演じる坂本真綾と、そうそうたる顔触れがずらり。さらに、この8人に、ロディ役の西山宏太朗、ダリル役の斉藤壮馬を加えた全10名のキャストが、それぞれのキャラクターを演じてみての感想と作品の見どころについて、ファンにメッセージを寄せた。

■ ベム役:小西克幸コメント

映像も音楽もキャラクターも全てがスタイリッシュ。かつ、ダークな物語になっています。

BEMたちが抱えているもの、彼らの願いを、ぜひ皆さんの手でかなえさせてあげてください。早く人間になりたい。

■ ベラ役:M・A・Oコメント

ベラは、人間への憧れを比較的ストレートに体現しているキャラクターだと感じました。個性豊かな登場人物により、第1話からスピーディーに展開されていきますので、是非楽しみにしていただけたらと思います!

■ ベロ役:小野賢章コメント

「妖怪人間ベム」はもちろん世代ではないので見たことはなかったのですが、ベロに関しては、明るくて陽気な、一番人間になりたがっているイメージです。ですが、PVを見ていただくと少し予想できるかもしれませんが、今回のベロは果たして…?

僕的お薦めポイントは、個性豊かな敵キャラたちです。とにかく濃くて面白い…!!! ご覧になってください!!

■ ソニア役:内田真礼コメント

真っすぐな気持ちを大事にソニアと向き合いました。彼女の周りには、というかBEMには、個性豊かな敵キャラクターたちがたくさん出てきますが、その中にいても一本筋の通った気持ちのいいキャラクターになればいいなと思って演じています。

■ ウッズ役:乃村健次コメント

ウッズは、ひょうひょうとしていて何を考えているかよく分からないタイプの男ですが、ソニアに対しては、理解して協力するところもある、案外、男気ある男です。

毎回出てくる怪人が、ぶっ飛んでいて、それを見るだけでも一見の価値ありですよ。

■ ロディ役:西山宏太朗コメント

映像も音楽も素晴らしく、僕自身、放送がとても楽しみです。登場するキャラクターの、切なくなるほど強く真っすぐな思いが物語を加速させます。ロディは内気ですが、好きなものにはとことん没頭することができる男の子です。その姿がほほ笑ましく、時には心強くて、楽しく演じさせていただきました。ぜひご覧ください!

■ ダリル役:斉藤壮馬コメント

小さい頃、「妖怪人間ベム」を見ていた妖怪大好き少年の自分が、まさか今回演者としてこの作品に関わることができるなんて、本当にうれしく思います。「ベム」も「BEM」も、曲がめちゃくちゃ格好いいですよね! まだまだ詳しいことはお話しできませんが、どのキャラクターも気になって仕方がありません! ダリル、ものすごく楽しく演じさせていただいております。「BEM」、何卒よろしくお願いいたします!

■ Dr.リサイクル役:諏訪部順一コメント

Dr.リサイクルは、見ての通りのエキセントリックなキャラクターです。物語にどのような感じで関わってくるのか? どうぞお楽しみに。かつてないスタイリッシュな妖怪人間たちにもご期待ください。

■ フェルト役:小野大輔コメント

フェルトは、クールを通り越して冷徹な人間。そして妖怪人間たちとは真っ向から対峙する立場です。人間社会が持つ闇を映し出しているキャラですし、彼の闇が深いほど、作品のテーマも色濃く見えるはず。ですので、気合いを入れて演じております!

■ 謎の女役:坂本真綾コメント

懐かしさと新しさが同居する、独特の雰囲気が魅力の作品です。私が演じるのは、“謎の女”という役名の通りミステリアスなキャラクター。これからベムたちとどのように関わってくるのか楽しみです。

■ 「BEM」第1話「water」STORY

人間の持つ差別意識が具現化されたような街「リブラシティ」。

政治・経済・文化の中心であり、街の“富”が結集した「アッパーサイド」から、汚職や犯罪にあふれ、人々がお互いを疑い合わざるを得ない「アウトサイド」に赴任してきた若き女性刑事・ソニアは、赴任早々、連続溺死事件を追ううちに、人知れず犯人と戦う1人の男と出会う。その男の名は、ベム。2人の運命の歯車が、今、静かに動き出す──。

アニメ「BEM」は、7月14日(日)よりスタート。毎週日曜夜1:35ほか、テレビ東京系にて放送される。(ザテレビジョン)

最終更新:6/14(金) 17:39
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事