ここから本文です

フランス代表監督、批判集中の神童ムバッペを“擁護” 「彼はロボットじゃない」

6/14(金) 7:50配信

Football ZONE web

フランス代表を率いるデシャン監督の目に映る20歳の神童とは…

 フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、ここ最近低調なパフォーマンスとの批判を受けたパリ・サンジェルマン(PSG)所属の同国代表FWキリアン・ムバッペを擁護している。スペイン紙「AS」が報じた。

【動画】爆発的スピードでの突破から技あり“チップキック弾”! 20歳神童ムバッペ、驚異のペースでプロ通算100ゴール達成

 20歳の神童ムバッペはPSG2年目の今季、リーグ・アンでは33ゴールで得点王となり、チームの連覇に大きく貢献。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)はベスト16で敗退を喫し、フランス・カップでも優勝トロフィーを逃したものの、ムバッペ個人としての活躍は目覚ましいものだった。

 ところが、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で世界王者に輝いたフランスは今月の代表戦で思わぬ苦戦を強いられた。現地時間2日に行われたボリビアとの親善試合に2-0で勝利したものの、8日の欧州選手権(EURO)予選のトルコ戦では、チームは前後半に1点ずつゴールを許し、0-2で完敗。ムバッペは2試合ともノーゴールで、ボリビア戦では負傷交代により前半のみの出場だった。

 これらの試合結果を受けて、パフォーマンスが乏しいとの批判を浴びたムバッペ。しかし、11日のEURO予選アンドラ戦ではプロ通算100得点目となるゴールを挙げ4-0の大勝に貢献した。

 デシャン監督はアンドラ戦後、ムバッペには断続的に大きすぎる期待が寄せられていると述べ、批判を受けた神童を擁護している。

批判もはねのけてアンドラ戦でゴールしたムバッペ 指揮官はメンタル面の立て直しを称賛

「そもそも、一番怒っているのは彼本人。意図してやろうとしているわけではないが、常にベストの状態にはなれないものだ。土曜日(トルコ戦)はいいプレーでなかったが、(彼だけではなく)チーム全体がそうだった。彼は我々の求めることにいつも適応してくれる。彼は今夜(アンドラ戦)左サイドでプレーしたし、どの場所でもプレーできる選手だ」

 そして同じく、時には批判を受けながらも今季プレミアリーグで35試合13得点と活躍したフランス代表のマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバを引き合いに、「彼は、ポグバが数カ月、数年にわたり通った道を辿るのではないかという印象がある。我々は彼に大きな期待をしているが、彼は長いシーズンを送ったばかりだし、シーズンではものすごく成功した」と、ポグバと同様に強いメンタルの持ち主だと太鼓判を押した。

 それを裏付けるように、批判をはねのけてアンドラ戦でゴールを決めたムバッペのマインドセットを称賛し、「彼には休暇が必要。経験を積んでいるところで、彼はロボットではないし、若い。彼は良い姿勢を見せているし、チームでの仲間意識もある。それが一番大事なことだ。彼には高いクオリティーがある。上手くいく時もあれば、いかない時もある」と話した。ムバッペは度重なる苦境を乗り越え、これからもゴールを量産してくれるはずだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/14(金) 7:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事