ここから本文です

久保加入が噂のレアル、来季の前線はどのような構成に? スペイン紙はスターの“共存”指摘

6/14(金) 18:59配信

Football ZONE web

ジダン監督はアザールとヴィニシウスの両ウイング形成を画策か

 レアル・マドリードは今夏、過去最大レベルの大型補強を敢行しており、これまでチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールを筆頭に合計3億ユーロ(約366億円)を超える移籍金を投資している。また、FC東京の日本代表MF久保建英の加入も目前に迫っていると報じられており、日本でも注目の的となっているが、スペイン紙「マルカ」は新シーズンにレアルの前線がどのような構成となるかを取り上げている。

【動画】首位FC東京をけん引! レアル移籍報道の久保建英、今季J1リーグ戦での全4ゴール

 昨夏にエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したことで、一時代の終焉を迎えたレアルは、それを物語るかのように昨季は大不振に陥り、リーグ戦早々の優勝争いからの離脱やUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のベスト16敗退など、苦難のシーズンを過ごすことになった。そのため、現在は来季以降のチーム再建を見据え、即戦力のスター選手から有望な若手選手まで、幅広い大型補強を敢行した。

 チェルシーからアザールを1億ユーロ(約122億円)、フランクフルトからセルビア代表FWルカ・ヨビッチを6000万ユーロ(約73億円)、ポルトからブラジル代表DFエデル・ミリトンを5000万ユーロ(約61億円)、リヨンからフランス代表DFフェラン・メンディを4800万ユーロ(約59億円)、サントスからFWロドリゴを4500万ユーロ(約55億円)で獲得。さらに、久保の加入も決定的と伝えられている。

 現状は特に前線のアタッカー陣が飽和状態となっているため、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルやコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらの売却で人員整理に乗り出すと伝えられているが、記事では「ジダンはすでにアザールとヴィニシウスを同じチームに適応させることを試み始めている」と見出しを打って報じ、新戦力アザールと昨季に左ウイングでブレイクを果たした18歳FWヴィニシウス・ジュニオールを共存させる方向性であることを報じている。

1/2ページ

最終更新:6/14(金) 21:27
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事