ここから本文です

鷲見玲奈アナがド緊張した会見 「あんなに挙手したの小学校以来かも」

6/14(金) 6:57配信

webスポルティーバ

★鷲見玲奈インタビュー 前編

 テレビ東京の『追跡LIVE! SPORTSウォッチャー』(月~金・夜11:58~、土曜・夜11:00~、日曜夜10:54~)や『家、ついて行っていいですか?』(水曜・夜9:00~)、『卓球ジャパン』(BSテレ東 土曜・夜10:00~)など人気番組に出演している鷲見玲奈アナウンサー。2013年に入社してから今年で7年目。今やテレビ東京を代表するアナウンサーとして、お茶の間の多くの視聴者たちに認知され、その明るいキャラクターなどで好評を博している。そんな鷲見さんには今回、『SPORTSウォッチャー』(水・土担当)などの仕事についてや、気になるプライベート(後編で!)についてなど話を聞かせてもらった。

【写真】「美人すぎるキャディ」藤田美里



―― 『SPORTSウォッチャー』は番組開始時(2016年4月)から出演されていますが、自身の成長を感じられることはありますか。

鷲見 最初はすごく緊張していて、"うまく言わなきゃ"という思いが強かったんですが、徐々に(ゲストやコメンテーターから)"どんな話を引き出していこう"とか考えるようになりましたね。それに、制作陣の考え方や意図なども気にするようになりました。

―― 鷲見さん自身、スポーツの経験はありますか。

鷲見 サッカーをやっていました。幼稚園から始めて、小学校6年間と中学1年生の途中まで。小学校6年生の時はチームのキャプテンもやって、(岐阜)県大会を優勝して、全国大会に出場しました。2002年の日韓ワールドカップのときが6年生で、日本中がサッカーに熱狂していた時にやっていたので、サッカーに対する想いは強いですね。

―― 憧れていた選手はいましたか。

鷲見 当時は、テレビで見られるのは男子サッカーがほとんどだったので...定番かもしれませんが、中村俊輔選手ですね。

―― ポジションはどこですか。

鷲見 フォワードとミッドフィルダーでした。当時は、プロの選手と比べて自分がどうこうとかはなくて、単純に自分がプレーするのが好きで続けていたという感じです。プロを目指すとかそんなこともなかったですし。「女子でサッカーをやっているの、珍しいね」とは、よく言われてました。中学校に進学してサッカー部に入ろうとしたんですけど、顧問の先生から「女子は入れない」と言われてあきらめた時に、"さまざまなポーツに光を当てていきたい"という想いが生まれて、アナウンサーを志したというのもあります。

1/4ページ

最終更新:6/15(土) 12:15
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ